2004/8/22

Jazz and Art / Bengt Andersson  - CD

スウェーデンのクロマチック吹きの新作をディスクユニオンで発見。Bengt Andersson(読み方わからん)は92年発売のMY MUSICAL LANDSCAPEってを持っており、そのアルバムの印象は音は太くていい音で好印象だったので即買いました。
すぐにパクれるフレーズとして「勢い良く適当にハーモニカを動かすだけ(行ったり来たりもあり)」フレーズがあり、トゥーツとか他の奏者もそこそこやるが、そこまで堂々とやるかぁ?って感じはするが、何かを捨てれば結構使えハーモニカ吹き以外にはわりと効果的かも知れぬ。
音の太さの逆の言い方かも知れないが、低音が重く鈍くスムーズではない印象を受けるが、フレーズもちゃんとして音もよいので、ジャズハーモニカファンにはお奨めです。
こちらに案内があり注文も出来るようです。
http://www.diskunion.co.jp/s_sale/jazz/new0407.html
クリックすると元のサイズで表示します
JAZZ AND ART
Bengt Andersson - hca
Sten Lofman - p
Clas Engwall - b
Gunnar Petersson -ds
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ