2006/3/5

続木力さん  Harmonica

昨日、続木力さん久々に聴きました。
アドリブをブルースハープ、テーマでブルースハープでは音がないときはクロマチックってスタイルは以前と変わってませんでした。テンホールズだとベンド音が安定しないのでテーマにはふさわしくなくそういう場合はクロマチックを使うとのことでした。
昨日は歌もの伴奏でスタンダードが多かったので、このコードチェンジでブルースハープでどうするんだろ?ってわくわくしながら聴いてました。
基本的に、オーバーブローとかはつかってないみたいだが、何であんなジャズになるのか、音の選び方がむちゃくちゃセンスあるのだよな。
使用楽器は、テンホールズはマリンバンドかな?木製ボディのやつだったか(すいませんあんまり興味がなくて)。。。クロマチックは270だと思ってご本人に聞いたらカバーを270に付け替えたラリーアドラーモデルだそうです。
店のPAも通してましたが、ビンゴにもつないでました。エフェクターも使用。特筆すべきはビンゴを上に向けて音を出してました。これも聞いたところハーモニカの音は通りやすいので上に向けて間接音として聴いたほうが耳障りがいいとかそんな感じだと僕は理解しました。(ちょっと間違って解釈してるかも興味のある人はライブに行って聴いてみましょう〜)
僕も試してみよう。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ