2010/1/9

持ち方の変化   - study

CX-12を数ヶ月間吹いてから270に戻ってよかったことのひとつは、ハーモニカの持ち方が上手になったことです。

CX-12で音色をコントロールしようとハンドカバーを頑張ってやっていたので、小さいボディーの270に戻った時に、ハンドカバーがより確実になりました。

現場ではマイクを使うのでハンドカバーは関係ないのですが、ハンドカバーによるメリットとしては、、

1)夜練習する時に、多少音を小さく出来る。

2)全体的に手で覆ってるので多少結露対策になる。

ってとこでしょうか?


ラリーアドラーみたいに自由自在に楽器を持てるとかっこいいなぁ思います。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ