2012/5/9

リードまでの距離  Toots

昨日から、3オクターブか4オクターブ楽器か?64か否かでトゥーツさんの音源聞きまくりで、頭の中がおかしくなってきます。

整理すると、一番の判断基準は、

1)リードまでの距離の感じです。

これは真ん中の音域ではよくわからなくて、低音と高音でわかるのですが、4オクターブの楽器はリードまでの距離がある感じ、、、つまりタイムラグなんでしょうか?なんのタイムラグか言われると説明できないのですが、、、、僕の表現だとリードまでの距離がある感じがする。ダイレクトさがちょっと欠けるという感じ。

これで、3オクターブか4オクターブか判断します。4オクターブのほうが、距離がある感じです。

2)カバープレートの音色

64はカバープレート形状からだと思うのですが、コーンって感じで音がまとまるのです。280はそうでもない。それで64かどうか判断します。

3)角穴、丸穴か

前の記事では書きましたが、正直音源を聴いてもわかりません!!

自分で吹いていると、丸穴は速いフレーズを吹いたときに音の切れがよくなって、結果音の粒がそろうなぁと思います。


ごちゃごちゃ考えましたが、使用楽器の判断は間違っているかもしれませんし、これからも聴きこみを続けます。トゥーツの音色の追求には欠かせない作業です。


最近CX12を使っていましたが、CX12は3オクターブですが、構造上リードまでの距離は270系よりあります。音のダイレクトさが重要だということを今回の聴きこみによって気がつき(再発見か?)、また270系をメインに戻そうかと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
そんな感じで、昨年10月に撮った自分の270デラックスでの演奏を聴きなおし見ると、手前味噌ですがCX12との比較ってことでは、270の方がリードまでの距離が短くてダイレクトに出てる感じでいい音だなぁと思いました。



0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ