2020/2/25

ファビュラス使用3日  Harmonica

スズキ ファビュラス F-64Cを使い始めて、3日程経過しました。
想定通りの良い楽器です。シリウス、グレゴアと使って多分そうだろうなぁと思っていましたが、その通りでした。

気密性が高くて、大きい音から小さい音まで鳴りやすいってなうたい文句ですが、その通りでして、息を入れた分だけちゃんと反応してくれる。まだ息が入る感じなんで何処までも行けるぞって感覚。

喉をもっと開けるようにしないと行けないかと思っております。ここで表現力の幅も大きくなる気もしてる。

難点は、、、、ハイそうです。。。重い!!!
760グラムです。シリウスは395グラム、あのホーナーのシルバーコンチェルトでさえ500グラム強だそうです。

でもね、これって今までのクロマチック・ハーモニカと比べるから行けないんですよ。パラダイムシフトが必要です。

他の楽器の人が見たら、へ?1キロ弱で何いってんだよこいつ!ってレベルですよね。
発想の転換で練習してますがなんとかなると思ってます。重いほうが安定して音がヒットしやすいかもしれません。

気密性が高い利点として、音の立ち上がりがレスポンスが良いってのを感じていて、これって速いフレーズがより音の分離がはっきりしてクリアになる。気がしております。さらに速く吹けてしまう。

重いという欠点としては、いざシリウスに持ち変えると何も持っていない状態みたいに軽くなりすぎる。動かせすぎてコントロール不能的な。ま、これも慣れでしょうね。

あとスズキさんの楽器作りって観点では、
SCX<シリウス<ファビュラス
と順位付けがあって、これってギターで言うと弦の硬さが硬くなる、サックスだとリードが厚くなる、マウスピースが広くなる的な順列だと思いました。
ファビュラス吹いてから、シリウス吹くと、「あれ?SCXかいな?」って感覚になります。

音色もそういう意味で、まだまだ楽器の性能を出しきれてないですが、良い音の追求ではファビュラスというのが今思うところでございます。
体を鍛えて取り組みます。

そのへん喉の使い方をちょいと改善した昨日撮った動画もYou Tubeに上げております。
2/23と2/24では本人的にはちょいと違うと思っております。
https://youtu.be/ua6kgK2Jxhg

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/2/3

F-64C購入しました  Harmonica

いろいろあるのでまだ禁酒は1週間ですが、禁煙20年、勤続30年記念でファビュラス買ってしまいました。先行投資。。?

試奏とかせずに、えいやでネットで買いました。今までのスズキさんへの信頼性からそんなこともできます。

思ったとおり気密性が高くて上から下までまんべんなく綺麗に鳴ってくれます。
ハーモニカウォーマーを入手してから本格運用します。
普段の練習は小さい音なのでそれがメインな使用方法かな。

取り回しのしやすさなどで現場ではシリウスでもいいかなぁと思ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/25

F-64C 購入プロジェクト  Harmonica

最近16穴、4オクターブのクロマチック・ハーモニカに慣れて来てて、喉や息の使い方とか体力の向上を感じている。

5ヶ月前から、4オクターブに渡るクロマチックスケールとコンデミスケールをウォームアップ的にちょこちょこ吹いている。 ド、ド#、レが始めの音で4オクターブ取れる。後の始点でもすべて3オクターブ取れる。こんなんで音域の完全制覇を目指している。3オクターブ楽器の延長的な?考えだとあかん。
今の課題は楽器を手に持ったときの馴染み感の向上、楽器と一体感。 感覚的だけど大切か? 手は大きくはならないがイメージの問題でもあるのでなんとかなるのではないか?

で、少し振り返ると10年程前にHOHNERのCX12に取り組んだときも鳴らすのが大変だったが、その結果、吹くパワーがついた。
更に振り返ると20年前位に使ってた旧仕様のホーナーのメロートーンもそんな感じか、、

ということは「使用楽器」がその人の奏法や体力やらを育てるってのいうあるかな?と次は、鈴木のファビュラスF-64Cかぁ?と思い始めた。いやホーナーのシルバーコンチェルト?あっでも12穴だ。

体力の問題だが、50代で体力が落ちるのとか言うが、それこそ専門家のアスリートとかの100%近く出してる人は100%近く維持するのは大変だろうが、ハーモニカ演奏などはおそらく体のポテンシャルの30%位なので維持どころかまだまだ向上もできると思ってる。

話は変わって、禁酒は2ヶ月程続いて、その後3ヶ月はごにょごにょになってしまったが、その3ヶ月における使用金額のデータ採取において1年間の禁酒でファビュラスが買えてしまうことが判明した。 来年の購入に向けて頑張ります。そんな一昨日54の誕生日を迎えた私でした。

https://www.suzuki-music.co.jp/products/13211

0

2019/9/11

忍SHINOBIX SNB-48CVS  Harmonica

(鈴木楽器製作所:クロマチック・ハーモニカ消音器、忍SHINOBIX SNB-48CVS購入しました!)

昔々キャバレーでサックス吹いてるときに、サックスはたくさん上手な人がいてこりゃだめだとフルートを一生懸命練習したりしてて、それでもだめでまぁこのままプロになれないから趣味で続けられる楽器がないか?と、辿り着いたいのがクロマチック・ハーモニカでございました。日本の家庭事情で音量が小さいのは練習には好都合です。ステージはマイクが必要になりますけども、、、、

そんなハーモニカでも、夜中に練習などは難しくなります。最近は早朝の練習は音量をピアノ、ピアニッシモでする日々ですが、鈴木楽器さんが、ハーモニカ練習用消音器を作ってくれました。ブルースハープ用はちょいと前に発売されていて、クロマチック・ハーモニカ用も9月に発売されました。本当に世界に誇れるマニアックなメーカーで、日本人の誇りです。
普段の練習では音量が出せる家庭事情でも、例えば出張先のホテルとかで練習できるアイテムです。いつでもどこでも練習!!

10穴のそれは購入しております。そこで、比較ですが、クロマチックの吹奏感は10穴よりもあります。なので音量は少しでかいですが、逆に吹いていて気持ちがいい。10穴はミュートが出来すぎていて、ちょいと苦しい感があります。
クリックすると元のサイズで表示します


なので音量は大きくなってしまいますが、ちょいと工夫して、端っこを手で塞ぐとミュート感が増します。
若い頃?はハーモニカにタオルを巻いたりしてミュートして練習をしたこともございますが、ハーモニカメーカーがそれ用のアタッチメントを本気で作ってくれました。ありがとうございます。

練習しよう!!!明日から、、、クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/9/5

4オクターブ16穴  Harmonica

(FBからの転載です)

トゥーツ・シールマンス使用のクロマチック・ハーモニカは12個の穴があります。
1つの穴で吹いてドが出て吸ってレ、スライドレバーを押してドとレのシャープって具合に4つの穴で1オクターブ。
つまり12個だと3オクターブの音域を持つ。(厳密には最高音はD)
ちょうどフルートと一緒。フルートは上手じゃないと最高音のCは簡単には出ないが、ハーモニカの場合は特に最高音が難しいわけではない。

で、スティービー・ワンダーが使っているタイプは更に大きくて16穴。なので4オクターブと1音。一番下はアルトサックスの半音下のCまで出る。(バリトンサックスみたいですね)

4オクターブの音域を持つ管楽器(ハーモニカは管楽器だろうか?という問題は置いておいて)ってないですよね。フラジオとか超ハイノートとかスーパーなテクニックを駆使すればあるかもしれないけど、、、

歌伴とかキーが合わなくても困ることはなく万能感、最強な感じがする。
んと、、、あくまで音域ですよ。

12穴だとキーEbの曲でBbが最低音の曲だと、一オクターブ上げるか?自分でキーを変更できるときはFにしちゃうかが必要です。
マイワンはEbやCが多いかもですが、トゥーツ・シールマンスはFで、更にいうとあのミスティでさえFでやってる。

昨年1月から4オクターブに持ち替えいましたが、とはいえ最低音域ってあまり練習しておりませんでした。12穴の音域のおまけ的な扱いで、、、というのはトゥーツ・シールマンスも16穴吹いていた時期がありますが、そんな扱いなのです。

ですが、最近その音域をバリバリ吹きこなす人達が出てきて、(例えば、Angelo Adamoさんとかlaurent maurさんとか)私もトゥーツイメージから脱却して吹いてみようとここ数ヶ月練習メニューを変えて取り組んでおります。

単純に言うと、音域が1.333倍になりますので、それだけ練習量を増やさないといけません。更にいうと最低音域は息の量が2倍必要なイメージで、吹き吸いを俊敏に切り替えるのも大変です。(まだできてません)またその音域の喉のポジションも構築しないといけません。つまり体力を使いますし、結果疲れますし、練習が大変な側面があります。

そんなこんなで、練習していてまだまだではありますが、最近ようやく形になってきたかも的な感じを感じる今日この頃でございます。

そんなこんなで巷では、そんな16穴より更に一オクターブ低い鈴木楽器様の12穴のバス・クロマチック・ハーモニカが話題ではございますが、私はまず16穴の制覇を目指しております。

で、明日ライブがございます。
9月6日(金)南与野「Cafe' Jazzmal」19:45〜
釘宮正豪(g)藤原隆行(harm)
ミュージックチャージ1500円
http://saxyuq.com/jazzmal/index.html
以上、よろしくお願いいたします。

あっと、ここで宣言させていただいた。禁酒(断酒)の件でございますが、諸般の事情により8月は壊滅的な状況に陥り、9月より再開させていただいております。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/1/4

今年の目標  Harmonica

謹賀新年ってことで、毎年課題的なものを書いておりますが、ツイッターにつらつら書いたものでございます。まとまりがございませんが、こんな感じで、、、、

「3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法」
って本は立ち読みだけしましたが、3年ってあってるか?3年位でやりたいことの基礎が固まって、あとはもうちょっとのクオリティUPに必死になってる気がしてるこの頃。 クロマチック初めて3年位でコンファメーションでFIHに出た。

悲しい?のかどうか?なのけど、根っこの部分って多分その頃(20代)から変わってない。あとはもう少し綺麗に丁寧に美しくってことなのだろうと、、、ってのが今年の取組課題。
https://www.youtube.com/watch?v=NEAT4Z0huY0
こういう演奏ができるようになったのは、ギター無窮動トレーニングのおかげ。息継ぎなしで、音符を吹いてる過程でなにかマスターしたと思っていまして、でも独学なのでなんだか?は整理できておりません。 肺の中に息が一杯で苦しいときに、少しの吐き音で吐き出すの、、、

ハーモニカって適当に吹き吸いだから、まぁ思ったフレーズ吹けるからじゃなくて、吸いが多いから、そんな時に上手く処理するには、吹きの時に余った息を吐き出す。それを身につけるのが無窮動トレーニングだと思ってます。別にパガーニやら、バッハの曲でやってもいいのだろうけど。

こう書いちゃうと、ハーモニカの人が、無理してまた無窮動やったりするかもだけど、そこで重要なのはジャズ、バップが好きかどうか? 最近私は、ギターでも無窮動を弾いてるのだけど本当に自分でも頭おかしいのか?って思うほど、毎日弾いていて飽きない。好きになれることが大切。

つまり丁寧に美しくってこと。(つまりじゃないか。)
2

2018/11/15

クロマチック歴30年  Harmonica

私、1988年11月15日にクロマチック・ハーモニカを購入したので、30年になります。当時23歳で平成になるちょっと前。

当時、最初にトンボのフォークヤングを買ってこれは違うとホーナーのクロモニカ270を買いなおしました。確かホーナーを買った日だと思うが、その11月15日と決めました。

キャバレーでサックスを吹いた頃で、半年後にメロディーで使用し、1年後にアドリブをしてたみたいな記憶がございます。

92年にFIHのコンテストにコンファメーションで出場し、93年にインナセンチメタンルムードで2位をいただき(当時はクラシックとジャズは別れていませんでした。ジャズでは1位?)次の年とかはどうだったか?それ以上ではなかった。

30歳の時に日本で世界ハーモニカフェスティバルが開かれたときは、自然気胸で入院していた気がします。

その後、独学なもので限界が来て?うまくならないなぁと、視野を広げるためウッドベースをやったり、40代は子供が生まれたもので、家庭を優先したり、そして最近、50歳を過ぎで改めてクロマチック・ハーモニカと向き合う日々でございます。

40年50年に向けて頑張ろう。
2

2018/10/23

ストレートorクロス  Harmonica

クロマチック・ハーモニカのクロスとストレート配列の問題ですが、ストレートの方がレバーの移動距離が短い、結果レガートになる。クロスはレバーの移動距離が長いが穴の大きさが取れて大きな音が出せるみたいな特徴で語られているが、、、

1)レバーの移動距離って数ミリの問題で、他の楽器から言わせたら笑止千万の誤差の範囲的で、
2)レガート問題は、ハーモニカの吹き吸いでレガートは、ある意味ご破算になるので
結果的にクロス配列のほうがバランスが良くなるではないか?という私の持論です。

トゥーツ・シールマンスの長年の愛機ホーナーのクロモニカ270は、ストレート配列というのに、、、こんな事を思ってます。

でも、トゥーツは4オクターブを吹いていた頃はクロス配列の楽器だったのですよ。あの有名なビル・エバンスの「アフィニティ」がそれです。(聴き比べてください)

ホーナーの楽器がしっかり最低音域が鳴る感じだったら?そのまま使ってたかも知れない。なんて妄想ですけど、、、、
(なんか昔はシが鳴らない楽器が多いというイメージ、、、NEW64はそうでもなかったけど、、、、)

なんでトゥーツ・シールマンスは最低音域いらなかったのか?って、今クロマチック・ハーモニカ4オクターブの最低音域の魅力?面白さ?に取り憑かれての研究課題です。

------
これ書いて自分で整理がついたけども、シリウス48のクロス配列のモデルはグレゴア48達ではないんだよね。それはシリウス64なんだろうなぁと。(56は吹いていないので省略)
なので、私がシリウス64がしっくり行ってるのと、グレゴアモデルがなんか馴染めない、上手く吹けない。
この辺ってスズキのクロマチック・ハーモニカの開発陣が先に行ってる気がしてるのよ。どうしたらあれ鳴らせるのか?って、グレゴアが出来てるかどうかは?本人に聞かないとわかりませんってことで、、、
0

2018/10/9

4オクターブ動画  Harmonica

4オクターブクロマチック・ハーモニカ、スズキ Sirius S-64Cで吹いてみました。
最低音域をブリブリ吹くのにハマっています。

https://www.youtube.com/watch?v=QUFRW1eDEv8&list=PLpHj7HhLnH7H28ihLrdLBqfWeHxB63MpA
0

2018/9/11

270  Harmonica

最近スズキをよく吹いていますが、久々にホーナーのクロモニカ270を吹いてみたのだが、やはり音色が気持ちいいなぁ。270をライブでは吹こう。でも、スズキの楽器も練習で吹くけど。。。

スズキの楽器ってリードの耐久性等に関連してるのだと思うけど、チリンとかリンって成分が鳴ってるんだよね?(感覚には個人差があります)
この辺の違いが、気持ちよさの違なのかな?と思ってるのですが?
まだ吹きこなせてないのかも知れません。

HOHNER Super Chromonica 270はトゥーツ・シールマンスが使っていたのだけれど、他のハーモニカ吹きでは、
Hendrik Meurkens
Hermine Deurloo
Antonio Serrano
といらっしゃって、私の好みのトゥーツスタイルのバップ入りのジャズの人達なんですよね。
この人達はスズキさんには行かないんだろうなぁと。
あと、日本人のぶれない270吹きはマツモニカさんね。

一方、スズキユーザーで、ジャズ系のプレーヤーはバップ以降のスタイルの方が多い。

270は超ロングセラーモデルで、実はいろいろ微妙にマイナーチェンジをしてて、正直80年代のトゥーツが使っていた頃と別モン位違うかもしれないが、でも、270だな。そうそう、バネが折れなくなったなぁ。
0

2018/6/19

スズキの楽器と練習計画  Harmonica

スズキSirius48とホーナー270の比較動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=GELFAGGCeqA

実はグレゴアウッドも買ってしまいました。
しばらくスズキをメインで行ってみようかと思ってます。

音が均一になる、楽器で自分のプレイがどう変化するか?
(ホーナーだとこの楽器のこの音は調子悪いなぁとか出てきたりしたんですが)

ってなのが課題です。

12穴の楽器にきっちり取り組んで、譜面読みの練習なんかも改めてしてみようかと。
(そのへんは他の楽器でやってたりしてたんですが、、、)

などなど、いろいろ、考えております。

今年に入ってハーモニカ4本購入。10万超えの大出費。
(シリウス64、270、シリウス48、グレゴアウッド)
でも、スズキさんはメンテナンスで回せるかと思ってますので、人生最大で最後の大出費の年かとも思っております。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/6/16

Sirius S-48C購入  Harmonica

スズキのシリウス64を買って半年。二日酔いの日以外は早朝練習をしております。
ハーモニカウォーマーを使用してるとはいえ、バルブがカサつくようになり、ppでの練習なので、ストレスになる。
HPを見ると修理体制がしっかりしてる感じのスズキさんにメンテに出してみました。バルブ5弁まで2,000円とか書いてる。

それと16穴の一番下の音域って効果音的に使うことはあっても、メロディとして私は使えないと思い始め、、、、

シリウスS-48Cご購入!
試奏してグレゴアモデルのウッドと相当悩みましたが、従来のハーモニカらしいルックスや明るい音を取りました。

しかしスズキの楽器良くできている。こんなメーカーが日本にあるって幸せ。トゥーツ・シールマンス好きなのでホーナーはやめられませんが、楽器キャラに合わせて上手いこと併用しようと思ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/3/2

SUZUKIの修理  Harmonica

スズキ楽器さんの修理ってこんなにちゃんとしているのか?
https://www.suzuki-music.co.jp/information/2541/

どこか壊れた時にもう一本シリウス64を買えば、この先は修理で回していけるな。
そうしてみよう。

ホーナーは中途半端に壊れたのがどんどん溜まっていく。
まぁホーナーも修理に出せば直してくれるけど、今までの経験上ここまでのクオリティーで調整はしてくれないだろう。。。

もはや練習はシリウスでやっている。でも270がいらないかというとやっぱり吹いていて気持ちがのせられるのは270だ。無茶な反応に答えてくれる。
あんまり無茶しないで綺麗にまとめる時は、シリウスでもいいのかもしれない。
シリウスにだんだん慣れて、この辺変わるかなぁ?思っているんだけど、まだ変わらない。
0

2018/2/20

ハーモニカウォーマー  Harmonica

昨年9月に東京吹きまくり会
https://blogs.yahoo.co.jp/t_hukimakuri
というクロマチック・ハーモニカな集まりに参加した。

そこで山下伶さんが、何か?ハーモニカにつけている。なんだろう思って考えたら、あれか?と思い出す。

ハーモニカウォーマー
http://www.geocities.jp/y_fujiwara0111/
というもので、これを演奏中にも付けていた。そうやって使うものかとホームページを良く見て、すぐに谷口楽器さんに注文。
http://shop.taniguchi-gakki.jp/products/detail.php?product_id=3144

前から知っていたが、そんなもんポケットに入れておいて温めればいいじゃんと思っていた。

だが、この冬場に使うと効果テキメン。練習しててバルブに悩むことがなくなる。結露しやすいオクターブ奏法なんかも行ける。少し寒い部屋でも、これでほんの僅かな暖を取りつつ練習が出来る。

今まで、冬ってになるとテンホールズとかウクレレとかに行っていた気がするが、まさに冬場の練習革命。クロマチックに興味が絞れた時期に出会えて本当に良かった。ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/2/15

シリウスその後  Harmonica

朝起きると、シリウスにつけっぱなしのハーモニカウォーマーを電源投入。270は胸ポケットにイン。これが、最初のルーチン。

メンテとか修理とか嫌いで、昨年はいくら吹いても壊れないリコーダーにハマりましたが、シリウスは今のところマウスピースの掃除とたまにレバーの所の露出している部分にオイルを注入だけです。どこまで行けるのかな?

スズキのカタログの品質にこだわるメイドインジャパンとか4回の調律とか偽りなしですね。

クリックすると元のサイズで表示します

基礎練は、シリウスでやることにして、ギター無窮動とかパーカーオムニブックとか、今までフルートだったバッハやパガニーニとかは、バッハの無伴奏バイオリンとかバイオリン用常道曲などを購入。練習はこの辺の低い音域のほうが気持ちがいい気がします。
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ