・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2007/12/19  0:00

あんなことやこんなことが  絵本の読み聞かせ



最近絵本についていろんな事がありやってみたいことが次々に出てきます、1つひとつを決めて行こうとするのですがすんなりいくこともあるが、残念だ!と思うこともあります、いろんなことを忘れないうちに少し記録を残しておこうと思います

1)出前絵本らいぶ
とある方に「我家に来て絵本を読んでもらいたい」とのお茶のみ話からでた話、早速その方の所属団体に企画書を提出して検討してもらうこととなった。絵本を読んでもらっている所になかなか出かける事が出来ない人達の自宅にこちらからでかけ絵本らいぶを行う、絵本仲間も興味ありとの感触やるなら教えてねとのこと
しかし、ここでもぽつりと一言「母親と子どもだけの在宅時オヤジを招くのはどうか?」その場合は女性の読み手に行ってもらう事としましょうね。てな方向  まだまだ未定

2)大型書店での定期的な絵本らいぶ
こちらのスケジュールの都合で不定期にお願いしていた書店での絵本らいぶ、来年からは定期的に行っていきたいとの書店さんの要望で知人に定期的に入ってもらい、自分は不定期に行う、そんな方向でみんなが調整中
よって、まだ未定

3)市立図書館系列の公共図書館?のロビーでの単独絵本らいぶ
なんと来年7月なら可能とのことでもっか日程思案中と調整中、半年先のスケジュールで悩むとはうれしいのか、そうでないのか微妙な気分

4)絵などを展示している小さなNPOの施設での絵本らいぶ
世間話で出た話で「ぜひやってください」「はいお願いします」てな感じで具体的ではないが今後調整が必要
こちらは子どもはむろんだが「大人のための絵本らいぶ」てな位置づけで考えたい

5)2月に紙芝居イベントでギターの弾き語りつきで、むろん自分が弾きますが紙芝居を読む
現在調整中 主催者は「ぜひやってくださいね」との事でこちらも「はいやりたいです」てな調子

6)新潟県上越市での絵本らいぶ
車で高速とばして2時間の場所(森のようちえん てくてく)で1月に絵本らいぶをやらせてもらえることとなった、こちらは確定

7)県内各地での書店で絵本らいぶ
ある業界の方にお願いして絵本に理解のある書店で単独絵本らいぶをやりたいと思う、こちらは全く希望のみ先行、業界の方、これをご覧になっていたら年明けに相談にのってくださいな

などなどがめじろおしです、床について考えると寝れなくなります、困るので地下鉄の車両はどこから入れるのか考える事にしています(このギャグ分かる方は今はいるのかな)


              
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ