家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2014/6/28  5:57

わが子に絵本を読む事とは  絵本講師

わが子を置き去りにする親の新聞記事について

「せめてこの親がわが子に絵本一冊を毎日読んであげていれば」

との思いをFBに投稿した

絵本を読むだけで子どもを見放す親がいなくなる

と言う単純なことでもないだろうが、自分はこの事を確信して「絵本講師」を続けている

絵本をわが子に読んであげている子育て現役の世帯は、非常に少ない

と、自分は思っている(公的データーは知らないが)

ところがこの事が世の中にはあまり知られていない

子どもがいれば当たり前に絵本くらい読んであげている

と言う認識がなぜか一般的なのです、これが違う

絵本を読んであげて下さいと絵本講座で話しています

直接的にはこういう表現となりますが、「絵本を読んであげるための環境」が必要なんです




わが子に毎日絵本を読む事が出来ないと思われる極端な環境は



毎日夫婦が壮絶な争いをしていて、会話もない   夫婦関係

生活に追われて子どもとの時間をとる余裕を作れない   生活環境

絵本の存在理由が意識されていない    知識を得る機会に恵まれなかった


単純に言えばこのような事も一因と思います



ではわが子に絵本を読む事が出来ている世帯とは (想像の域を出ません)



子どもに絵本を読む事の重要さを知っている

親が子どもの話を聞いてあげれる心のゆとりがある

実時間が足りない中でも子どもとの「ふれあい」の時間が作れる



ではないかなと自分は思っています


できれば子育て中は毎日親子で絵本を楽しんでください

その世帯が「普通」になれば世の中もっと子どもたちがすこやかに育つことが

出来ると思います


だから絵本を読んでもらいたい








1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ