・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2016/10/19  9:15

絵本講座と「ワンイシュー」  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します


新潟県で初めて野党系の知事が誕生した県知事選挙

選挙戦や結果を伝えるメデアで自分は初めて目にした

言葉、単一争点「ワンイシュー」

わざわざ日本語の後に「ワンイシュー」と表記している

わかりやすく単一争点だけではいけないのかなと思った

次第です


むりやりの感もありますが、単一争点ではありませんが

そう、全く論争になっていないのですが福島の絵本講座

では「単一テーマ」といっていいほどの話をしています


「子育て現役世帯」でわが子に日常的に絵本を読んでいるのは

何割くらいか?と言う話です


これが面白いほど一般的認識がずれているのです

福島データと言って絵本講座などで、実際に子育て中の

皆さんに聞いてみると、とても高い数値を答えてくれるのです

そしてそして、興味深いのは普段絵本に係っている人達が

この数字を現実とはかけ離れている数値を記憶している事です


この理由を遡っていくとある事に行きつきます

だから福島の絵本講座はこのテーマだけで成り立っています


子育て中の世帯で親子で絵本を楽しむのは世帯中の何%か

それはなぜか

どうすればその数値は伸びるのか


だれもが知っているようで気が付いていない

絵本の世界なのです


だれもがその表面は知っているけれど、中身は一般には

全く知られていない、今回の新潟県知事選の「ワンイシュー」

が意味する事

強引に絡めてみました
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ