・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2016/10/26  10:00

土俵が違っても講師は変わらない  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します



神奈川県は小田原市で初めての絵本講座を担当しました

絵本がつなぐご縁がありました


自分の絵本講座はどんな人に向けて行っているのかと言えば

少しオーバーな言い方ですが

絵本など読んでもらったことがない、

絵本など読んだことがない

自分の子どもに絵本は読んだことがない

そんな人たちに向けてお話をしています


よって集まってくる皆さんも概ねこのような皆さんです

でも主催者さんによって集まってくれる人たちは変わります


今回はいつもの逆バターンです

皆さん結構絵本の好きな人達です、すでにいっぱい読んでます

絵本にも詳しい人もいます


そんな人たちにもいつもと変わらない話をしました

絵本に詳しい皆さんにも新鮮に聞いてもらえたようです



許可を得たアンケートを掲載します

新鮮な学びの場でした。絵本はそれぞれ世界があって

いろいろなことを感じられると思います。読み聞かせ

はこうあるべきという固定観念なく、大人も子どもも、

世界を楽しんでいきたいですね! KYさん




「こんなシンプルな話しかしない」

と本人は思っているのですが

需要はまだまだたくさんあるようです


親子で絵本を日常的に楽しんでいなくても

すでに絵本はそれなりに楽しんでいる人も

ふくちゃんの絵本講座はおすすめですよ

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ