・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2018/2/6  9:30

3年生とタイムトラベル  あれこれ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




絵本を読みに行っている地域の小学校です

3年生の授業で地域の昔を話すという時間での出番となりました

地域の昔を知っている皆さんが30人以上集まり5人グループの

3年生4グループに2時間をかけてお話しました

自分のネタは地域にあった「駄菓子屋」さんです

自分の地域では「なんかや」さんと言っていました

この呼び名は結構広いと思っていましたが新潟でも

かなりローカルな呼び名でした、絵本まで作ろうと

思ったのですが全国的には「なんかや」とは呼ばないらしく

あきらめました、歌まで作ったんですが

画像は新潟市に近年できた「なんかや」さんです

名前からしてずばりですね


単に子どもたちがお菓子を買いに来るだけでなく

昔の地域にあるなんかやさんは、子どもたちを生まれた時から

知っていて、子どもたちの見守り役も担っていました

お店の人とちゃんと交流があったんですね

今は大型店があると買物全てが間に合います

お店の人とのコミュニュケーションも不要です


大人との付き合い方は自分はこの「なんかや」さんで

覚えたことも多くありました

他のボランティアの皆さんのお話も多種にわたっていたようで

自分もぜひ聞きたかった授業でした

地域の人たちとの交流が出来て子どもたちも良かったなーと

思います
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ