・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2019/6/21  21:05

絵本を読みますがそれだけではないのです  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します



本日の高齢者施設での一コマ

通所者さんから

耳が遠いのでマイクを使ったらどうか

などとご意見がでました

良い質問なのでお話をさせていただきました


絵本は我が子を孫を膝に抱っこして読みます

お互いの温もりと鼓動を感じながら楽しい

時間を過ごすもので、かけがえのない時間

となります

聞いている子どもの耳元に大好きなお母さんの

声が響きます


それはまがいのない「生声」なのです

生の声だから子どもに愛と一緒に届きます

これが絵本の読み聞かせの基本となると思っています


自分は親子揃って100人以上の会場でもマイクを

使いません、スピーカーから出て来る音は絵本

を読む「音」には不向きと考えるからです


そしてなにより大事なことは

絵本を読むことは単に「読む」だけではなくて

読んでいる「人」を相手に伝えることと思うのです

自分の絵本らいぶは絵本を読みますが、読む自分自身

をも相手に伝えているのです

それが50人いても100人いてもそうなんです


絵本の読み聞かせ、ただ読んでいるわけではないのです

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ