家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2009/1/2  22:02

USBワイヤレスオーディオ(2)  音と映像のおはなし

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



2009年今年もよろしくお願いします

12月31日まで仕事がありようやく正月休みとなりました、そこで前回の良く分からない物を続いて紹介します、絵本とは全く関係がないので興味のない方は申し訳ありません

デジタル携帯音楽プレーヤーの登場で何時でもどこでも音楽が聴けるようになった、そのためには大抵の場合はパソコンの中に一旦音楽を入れてそれをプレーヤーで転送して聞くことになると思う。

自分もこの携帯音楽プレーヤーを買いたいと思ったが良く良く考えたら職住一緒の自分は通勤がないので聴く時間がないので使い用がないのである、世の中こんなに便利なものがあるのに出番のない人もある見本のようなものだ

でもパソコンの中に自分の持っているCDやレンタルしてきたCDをせっせと溜め込んでいる、その理由は

1)
毎回聴きたいCDをラックから捜してCDプレーヤーにいれて聴くのがめんどうになった、そのことで聴く  チャンスも少なくなった時代がある

2)
コレクターではないので近年はCDレンタルを利用してお気に入りのアルバムと言うより曲だけを聴きたいためそれらの曲だけパソコンにコピーして聴く

3)
自室の部屋にいる時は年中パソコンの電源が入っているしネットをしながらBGMを聴ける

以上の事がパソコンに音楽をいれている理由だが最大の弱点がある、いかんせんパソコン自身のスピーカーで
音楽を聴くには音が悪すぎるのだ、むろんデスクトップPCなどのように本体の両横に別の小型のSPで聴ける事もあるがこれでも満足できないのである

結局BGMとして聴く分には重宝するがここ一番ちゃんと音楽として楽しみたい時はやっぱりCDプレーヤーの出番となってしまう、インディーズのCDなどを入手した時はその音の完成度も聴きたいのでやはりオーディオ機器の出番は必要なのだ、結局

パソコンで聴く音楽は「ながら音楽」としてとりあえず聴ければ良い程度として割り切って使うものとして考えて使用していた、むろんあくまでこれは個人のこだわりの問題や趣味の範疇なので「そんなことはない」と考える人もいるのは当然、それも良しです

それが今回上記の機器に出会って今までの自分のPC音楽の無知を思い知らされたわけです
毎度へたな画像ですが上から 「オーディオにつなぐ本体」比較用に家庭用電話機の子機が写っていますがこれは関係ありません「PCのUSB端子」につなぐ子機? 「USB端子に接続」したところ

この機器の登場で今までのPC音楽環境が恐ろしいくらいに楽しいものに進化してしまいました、ほんとに今までの聞き方はなんだったのか、例えれば高級乗用車を持っていたのに住宅街を徐行速度でしか走った事がなかった、一般道路・バイパス道路・ましてや高速道路など走った事がなかった・・・

そんなものである、ではどう変わったのか・・続きは次回
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ