・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2005/8/14  17:20

初めての  絵本の読み聞かせ


お盆休みですが特に変わった事のない休みを送っていますがそこは読み聞かせを志す者としては虎視眈々とその機会を伺っています、そしてついに餌食が、いやサンプラーが、いやいや初めての読み聞かせを聞いてくれる人が現れました。

実家への帰省に小学一年の女の子が姪の母親と共に来ると言う情報をつかんだので図書館で10冊の絵本をセレクトして借りてきました。

はやる心を抑えながら実家にいくと何と彼女等は買い物に行って留守とのことでした、所在なげに兄とビールなど飲みながら、かといって酔わない程度にセーブして待つ事に時間戻ってきました。

しかしいきなり「絵本を読んであげる」では大人げないので? テープルの側にさりげなく10冊の絵本を置いておきました、食事の支度をこんな日に限ってかどうかわかりませんが母親と一緒にテーブルに運んだりしてなかなか絵本を見つけてくれません。

ついに親族一同の食事が始まってしまい、さすがにこらえきれず「食事が終わったら絵本を読んであげる」と彼女に言いました。
こんな時に限り子どもの好みそうなメニューたっぷりのテーブルなのでこれまた待つ事30分、食事が終わったのを合図に彼女に好きな絵本をえらんでもらいました、各種持って行ったのですが、やはり定番を選んでくれました、知っている本ということで「ぐりとぐら」を読んであげることになりました。

突然自分の前にちょこんとすわりすっかり「お話聞くモード」の姿勢をとったものですから「おおー聞き慣れているなー」などと多少ビビりましたがそこは読み聞かせ実習の成果を試す時がやってきました。

少しつっかえたところもありましたが、無事終わり母親からは 拍手がありました、当の子どもは特に何のアクションもなかったのですがここは教えのとおり特にコメントを求めずさらに次の本の要求もなかったのであとは彼女の遊び相手をしてあげました。

親族一同には特に読み聞かせ講座の話もしてなかったので多少のコメントを期待(上手いねーとか)していたのですが特には感想もでませんでした。

しかし縁者とはいえ講座以外で初めて絵本を読む事ができました、少し満足です、願わくば正月に会う時に絵本を読む機会を彼女が作ってくれる事を祈るばかりです。

うーん 良いお盆かも・・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ