・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2013/4/17  6:21

絵本セラピー検定受けました  絵本講師



クリックすると元のサイズで表示します


昨年12月に新潟市で絵本セラピーベーシックコース受講後興味が出てついに本コースを受けました

今日その検定を受けました、実際に一時間のプログラムをやるというものです、お約束は「絵本を使う」ということだけです

他の人は様々な方法で発表をしてくれましたが自分はわが道を行くので毎度おなじみ路線で攻めてみました、受講生の反応はほぼ予想通りのコメントが多かったです

男が絵本を読むという事

女性と男性では一般的に選ぶ絵本の種類が違うことが多い

「絵本を読むおやじ」路線なので選書の妙が特に女性に受ける
その逆に拒否感を持つ人もいる


などなどが絵本らいぶをしていると多いコメントです、今回も「自分のスタイル」が前面にでているので、さらに選書(画像参照)がこれなので「絵本セラピー」としてはいかがなものかという意見もあると思いますが同様な事だと思います

実際に自分が「絵本セラピー」をしますよーとなったら今回の選書は「変わりのおつまみ」で一冊は入れますが別の品ぞろえをすると思います、でもそうするには「ある種のこだわり」をクリァーしないといけないと感じています

何にしても自分の絵本の幅をグーンと広げてくれる予感がした「絵本セラピー」の検定でした、今日はのんびりと他の人の検定を見させていただきます

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ