家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2017/4/16  6:20

読書格差?ってなあに  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します


今朝の新聞に思わず目が行った

『読書格差』

ついにあの所得格差が読書の世界にまで認知されたのです


読書格差がなかったわけではなく

文部科学省が発表したとのことです

興味深いのは

年収平均920万の世帯では83%

年収平均350万の世帯では64%

程度の世帯で読み聞かせをしているとのこと


この数値では、週何回か・月何回か・年間ではどうか

という所が明記されていません


自分は日常的に絵本を読む子育て世帯は

とても少ない、「10%から20%程度しかいない」

と言っています、これは現場で直接主に母親の皆さんから

聞いた数値です


今回の記事で特に興味深かったのは


解決策として

「効果的な読み聞かせ方法を検討する」

との言い方があります


効果的な読み聞かせ方法?・・・



では今までの読み聞かせ方法は、つまり

読み聞かせボランティアさんや子育ての父母の皆さんに

伝え続けていて、「これがおすすめ読み聞かせ方法」

というのが長きにわたり読み聞かせ講座として

図書館や公民館その他で行われていました


それらの教えは「効果的読み聞かせ方法」

ではなかったのでしょうか

つまり誰でもが絵本を読みたくなる

読み聞かせ方法ではなかったのでしょうか


どこがどう違うのかぜひ文部科学省には

期待したいところです


ちなみに今回の表現で

「読み聞かせ」というのは絵本を読むこと

だと言い換えて良いと思います

今回の発表の中では「絵本」の文言がないのですが

世の中では「読み聞かせ」と言えば

絵本を読むことと一般には理解されています

念のため


6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ