・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2017/5/13  10:00

つくば市で絵本講座  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



茨城県はつくば市での絵本講座です

土曜日午前開催なので前日入りをしました

主催者様と夕食を兼ねて打合会をしましたが

この時の話が筑波での大きな話題となりました



ご存じの昔話「したきりすずめ」の話は

実はおじいちゃんと女雀の不倫物語で

それに気がついたおばあちゃんは雀の舌を

切るという暴挙に出てしまったと言う

ズブズブの話でワイドショーならば各局入り乱れて

のニュースになる話、と言うことです


翌日を控えているのですがこの話のインパクト

が強くて夢に出てくるくらいでした

詳細が知りたい方はぜひつくばに行ってみて下さい



そんな前夜祭とは打って変わり雨の中多くの皆さんが

受講してくれました

親子さんや乳児をつれたパパさんもおいでいただき

看板に「絵本で子育て講座」とあるのでなるほどの

参加者の顔ぶれとなりました

参加者の皆さんは察するところ絵本にはそれなりに

造詣のの深い皆さんのようですので

絵本の置かれている立場と実態を福島の経験

を語らすと通してわかったことを中心にお話を

させていただきました


アンケートをいただいて許可をもらった方のものを

抜粋で紹介します



【絵本を読むのに興味がない大人の方々も

「ちょっと絵本を読んでみようかな」

と思えるようなきっかけ作りをしてくれる話】

(Y・Mさん)



うれしいですねーまさに自分の言いたいことを受け止めて

もらっています、この事が自分の役割と自覚をして

絵本講座として話をしています


他のアンケートにも似た感想が多くありました

言われてみれば、そーなの?と思うような話を

しているのですが、言われて見ないと気づかない話です


保育士さんや各所で絵本を読んでいる皆さん、図書館

にお勤めの皆さんなど絵本に関わっている人が多い中

熱心に聞いていただきありがとうございました


画像は主催者の「えほんや なずな」の店主さんと

終了後のハイタッチと「えほんやなずな」店内でのコマです



主催者様 大変お世話になりました

ありがとうございました


講座で紹介した絵本は



 






2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ