家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2017/7/14  20:06

きぼう〜こころひらくとき〜  絵本の読み聞かせ




人は困難な時に直面してしまった時には、なすすべもなく

ただただ嘆き悲しみます

自分は今の所幸いにも「死ぬほど辛い」

事には出会っていません

10年以上前に50年に一度の大雨で床上浸水を経験しました

道路から徐々に玄関に水が迫り、

やがて床上に流れて来て部屋全体に

水が入ってしまいました

文字通りこの様子は見ているしかありません

防ぐ手立ては何にもないのです、玄関の靴が浮かんで

廊下に流れてくる様はとても不思議な光景で

今でもはっきりとその時の記憶が残っています


雨が止むと同時に水は渦を巻いて引いていき、

何事もなかったかのように

なくなってしまいました

しかし床下は臭いと窪みに溜まった水が残っていました

難を聞いて駆けつけて来てくれた知人が

手際よく水を書き出して

汚れた床や壁を拭いて、どうにか日常を取り戻せました


大水が引いてもあとの事を考えると、全く行動に

移す事が出来ませんでした

知人が来てくれなければ何日も処理はかかったかもしれません


その時は「神も仏もない」

とまでは思いませんでしたが こちら で紹介

いただいた絵本はとても心うつものでした、

「希望」とはこのようなものだったのですね、

ぜひこの絵本読んでみてください
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ