家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2005/11/17  18:05

入院  あれこれ


一度下がったかに見えた熱がぶり返しました
どうにも我慢ならず午前二時病院に行きました

何と熱は40度になっていました、お願いして2日ほど入院をさせてもらうこととなりました、どうしても家にいると仕事の電話やらで休んでいられないからです。

当直のドクターがとても親切で自己紹介に始まり、問診が始まり、現在の症状の説明、治療方針ときて説明了解書にサイン、次に看護士さんの出番でこれまた親切な人で入院に関しての各種書類の記入を教えてくれます

次つぎにくりだされる書類に「もーいいから早く横にさせてくれー」と頭の中で叫んでみたものの高熱で言葉さえ出ず、ただだまって頷き書類にただでさえ下手な字なのにいっそう下手なサインなどをしてようやく部屋に案内してもらいました

座薬と点滴を打ってもらい熱はさがりましたが喉の痛みはまだ治りません
抗生剤をいれて様子を見る事にしました

「寝ては幻起きてはうつつ」だったか忘れたがそんな状態で二泊をしてきて今ほど帰宅いたしました、お土産に五日分の薬をどっさりもらってきました、さすがに「大きな包みと小さな包みのどっちが良い」とはきかれませんでしたけど

新築移転したこの地域病院10数年前に同じように三日間入院したことがあるのですが新しいこともありずいぶん変わっていました、その1つが食事です、病院食というとまずいのが当たり前の時代と打って変わりさすが新潟、ご飯がまず美味しい、家のご飯より美味しいかと思うほどです、たぶん新しい大量の炊飯技術の向上があったのでしょう。

おかずも全4食ともうまい、喉の痛みも何のその全て平らげておかわりを願いたいくらいでした、これなら病院の隣に「栄養士がつくるおいしく安心な定食屋」をオープンしても成功するかもなどと思ったくらいです

こんなあんなで来週の絵本読みも無理かなー こどもたちごめんなー



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ