家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2019/7/26  6:08

読み聞かせがうまくなりたいと思う人は  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します




【絵本の読み聞かせがうまくなりたい】


自分が主にお話をさせてもらっているのは

親子で絵本を楽しめるようになるには?

話を聞いた親御さんがその日から我が子に

絵本を読めるようになる、そんな話をしています



読み聞かせ実習をしていると受講者の中には

「私絵本を読むのへたなんです」

とおっしゃる人がいます


自分の立場では家庭で絵本を読むのには

うまい、へたはなく親子のふれあいが大事

です、と言っています


でも

お話会や、保育園・学校で大勢を前にしての

読み聞かせとなると、少し違います

一般に読み聞かせボランティアさんが知りたいのは

読む技術

見せる技術

となるようです

このような講座や勉強会はいろんな団体が

各所で行なっていますので受講の機会も

多いかと思います、が


どんなに技術的な学びをしても思うような

「読み聞かせがうまくなりたい」

という欲求は叶わないと思います

それは一般的に言えば

「読み聞かせが上手ですね」

といわれると思いますが

分かりやすい言い方をするば


「講師料を払うから読み聞かせに来て」

というご依頼は来ないのです

ボランティアならばお願いね

は、多くあるパターンです

よって、絵本の読み聞かせの世界は

講師料いらないから(もらうほどの技量がない)

読み聞かせしたい、となります

構図は

ただなので頼む

「ボランティア」でいいから読みたい

がちまたにあふれることになります

講師料の是非は置いておきます

それが悪いなどとは言いません



ここで足りないのは何か

「伝えるちから」「絵本と一緒に読み手を伝える」

「あの人に読んでもらった絵本を読みたくなった」

と言うことになると思っています


自分はただ絵本をふつうに読むだけに講師料金を

いただいています

読み方も絵本の開き方も、見せ方も下手です

そう思うなら練習しろと言われそうですが・・・


自分の行なっている

「絵本の読み聞かせボランティア向け講座」

は読む技術などの技術系はもちろん話しますが

伝えるちからをつけてもらいます

それは

なぜ自分がここで絵本を読むのか

禅問答のようですが、簡単なことなんです

ここをしっかりと知ると

絵本を読むのはうまくなります(主観的ですが)


そんなことはあるのか? と思ったら

読み聞かせボランティア向けの絵本講座

の講師としてぜひご依頼ください




2

2019/7/15  5:57

子どもたちと本をつなぐ読書環境づくり  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します


来週は福島県南相馬市での絵本講座です

現地の絵本に携わっている皆さんとの時間となるので

とても楽しみにしています


【子どもたちと本をつなぐ読書環境づくり】

振り返ってみれば小学校・中学校と全く本を読みませんでした

教科書さえまともに読んでいないのに「本」を読むなどという

ことはには縁がなかったのです


近年やっと知ったことに、

本を読むということは内容を理解する

ことだということでした、文字を読めただけではダメで

自分でその中身を咀嚼して理解できるかどかだと思うのです


高校生の時に国語の先生が教科書ではなく

独自プリントを作り

自分達にも理解できるように

内容を教えてくれた事がきっかけで

多少ですが本を読むようになりました


その後は年齢にあったある特定の分野の本を読み始めたら

何のことはなくすらすらと長編ものらしきものまで一晩で

読めてしまいました


なーんだ好きな興味のあるものならば「読む力」はあるんだと

気がついたのです、動機不純ですが

「本は好きなものから読む」

次第に好きなものの幅が広がる

興味も広がる

ここまで書いて気がつきました


活字だけの本ではなく絵がたくさんあって吹き出し文字が

あるもの、残念ながら「絵本」ではなく「マンガ本」は

こよなく愛していました、同じ本を日を置いて読んで

同じシーンで笑っていました、家族からは馬鹿にされましたが


好きな本は読めるんですねー

教科書はその正反対の位置だったんですね、自分には


ということはその本に出会うか否かでしょうか

それをつなぐのは誰が担うのか・・・・

その必要性を知っている人達だと思います

そしてその入り口の一歩は「絵本」が最適なんだろうと

とも思っています
4

2019/7/8  5:59

絵本セミナーはなぜ必要か  絵本講師



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




新潟県佐渡市での初めての絵本セミナーが無事に終わりました

現地の皆さんの協力のもと実現できたことは

とてもうれしいです


遠方から講師さんを読んで講座を開催する

助成金をいただいての開催

参加者をどうやって募り多くの人に来てもらうか

この講座を開催する意味と意義


だれもしてくれないから自分でする

最後はいつもこの一言で一歩が進みます

苦労も多いのですが参加してくれた人たちから

感謝の言葉や内容をお褒めいただくとやはりうれしく

また開催したいなー などと考えます


「絵本」を語る人はとても多く存在すると思います

でも最前線の「お家で」「親が我が子に」「絵本を読む」

そのことをわかりやすく話せる人は実はそう多くないのです

3回目の講師さんの言葉


「絵本がえらいのではない」「絵本を読むわたしがえらいのだ」


この言葉はとてもわかりやすいです

このセリフを多くの皆さんに知ってほしいからこのような講座

を毎年開催しているのです

自分の思いは、夢は

全ての子どもたちが毎日親に祖父母に絵本を読んでもらえる

国に、地域になってほしいのです


そんなことを思いながら開催を続けています


いつもこのセミナーが終わると

安堵しながら、はて次はどうしたものかと

ひとり思うところです


関係者のみなさま、大変ありがとうございました




3

2019/7/7  20:52

絵本講師実績  絵本講師活動実績

新潟県教育庁生涯学習推進課 主催 
     にいがた生涯学習県民フォーラム 
     バネリスト

福島県教育委員会 読書活動支援者育成事業 研修会 講師
                             2016年会津若松市会場
               2017年南会津会場
              2017年白河市棚倉町会場
           2018年郡山市会場
           2019年南相馬市会場
 
福島県 会津美里町 本郷保育所 保護者向 研修会

福島県 会津坂下地区幼稚園教育研究会夏季研修会 講師

新潟市 国際こども・福祉カレッジ 非常勤講師

新潟県 K中学校 1年生 A/B組 絵本授業

新潟県 K小学校 1年/2年生と祖父母向 絵本らいぶ

富山県高岡市 生活協同組合主催 パパ向絵本講座 講師 
            同上 富山市 同上 

奈良県 郡山北幼稚園 保護者向け絵本講座 講師

兵庫県西宮地区 絵本講師向け研修会 講師

東京地区 絵本講師対象 絵本講座 絵本講師向け

関西地区絵本講師向け 絵本講座 講師

神奈川県 小田原市 絵本講座 講師

茨城県つくば市 絵本講座講師

新潟市 ひまわりクラブ西区第2グループ
           指導員向け絵本講座 

新潟県阿賀町 小中学校教職員向絵本講座

新潟市中央区こやす保育園 保育士向絵本講座
        うまこしこやす保育園 保育士向

北蒲原郡聖籠町 聖籠こども園 保育士向絵本講座

新潟市立中央図書館主催 絵本講座 講師

新潟県柏崎市立図書館主催 絵本講座 講師

新潟県小千谷市立図書館主催 絵本講座 講師
 
新潟県阿賀町公民館主催 絵本講座 講師

新潟県津南町 公民館 主催 絵本講座 講師

新潟市北区豊栄公民館主催・母親学級絵本講座 講師

新潟県 田上町 公民館主催 絵本講座 講師

新潟市立中央図書館 祖父母向絵本講座 講師

新潟市坂井輪公民館 大人向 絵本楽 講師

新潟市東区 山の下保育園・保護者向絵本講座 講師

新潟市南区・大鷲保育園・保護者向絵本講座 講師

新潟市南区・諏訪木保育園・保護者向絵本講座 講師

燕市 ぎんなん保育園 保護者向絵本講座 講師

燕市 泉保育園    保護者向絵本講座 講師

三条市 本庄寺保育園 保護者向     講師 

新潟市 ジュンク堂書店 一般のお客様向 講師

新潟読み聞かせセミナーにて絵本講座  講師

新潟市 小学校読み聞かせボランティア向 講師

新潟県 佐渡市 両津図書館 絵本らいぶ

出張絵本講座個人版 (一人からでも受講できます)
4

2019/6/21  21:05

絵本を読みますがそれだけではないのです  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します



本日の高齢者施設での一コマ

通所者さんから

耳が遠いのでマイクを使ったらどうか

などとご意見がでました

良い質問なのでお話をさせていただきました


絵本は我が子を孫を膝に抱っこして読みます

お互いの温もりと鼓動を感じながら楽しい

時間を過ごすもので、かけがえのない時間

となります

聞いている子どもの耳元に大好きなお母さんの

声が響きます


それはまがいのない「生声」なのです

生の声だから子どもに愛と一緒に届きます

これが絵本の読み聞かせの基本となると思っています


自分は親子揃って100人以上の会場でもマイクを

使いません、スピーカーから出て来る音は絵本

を読む「音」には不向きと考えるからです


そしてなにより大事なことは

絵本を読むことは単に「読む」だけではなくて

読んでいる「人」を相手に伝えることと思うのです

自分の絵本らいぶは絵本を読みますが、読む自分自身

をも相手に伝えているのです

それが50人いても100人いてもそうなんです


絵本の読み聞かせ、ただ読んでいるわけではないのです

1

2019/6/18  18:26

絵本講座の出来は?  絵本講座


クリックすると元のサイズで表示します


人様に自分の話を聞いてもらうようになった時に

いつも思っているのは

「この話は人に聞いてもらえる話なのか?」

などと思ったりします




それはほんの一瞬で終わり

この話をするのは自分しかいないだろう

などと

はなはだ勘違い、自意識過剰、うぬぼれ野郎

の三拍子を揃えないと、そもそも人様に向かって

自分の思いを話すなど恐れ多く恐縮至極なのです


自分は知識で得たことよりも経験・体験したことを

伝えることが多いです

よって全身全霊はちとオーバーですが

参加してもらった人達に一人でも多く知って

欲しいことを伝えています


そんな講座のあとで主催者さんに送ってもらう

アンケートはうれしい評価が並んでいます

これを見ながら

「よっしゃー 次行くぞ〜」

(飲みに行くのではありません)

自らのテンションを上げます

そしてまた思うのです



自分の話はこれでいいのかな?

いいんじゃないの、これで

そうだよね

次の講座も頑張ろう

と、輪廻のごとく繰り返しています


アンケートを読みながら飲むこの時期の

ビールはなんでこんなにうまいのかな






1

2019/6/10  21:39

変わり種講師  絵本講座


クリックすると元のサイズで表示します



*******************************************************

福島県教育委員会 読書活動支援者育成事業 研修会 講師
2016年会津若松市会場
         2017年南会津会場
          2017年白河市棚倉町会場
           2018年郡山市会場
          2019年 南相馬市 
福島県 会津美里町 本郷保育所 保護者向 研修会

福島県 会津坂下地区幼稚園教育研究会夏季研修会 講師

******************************************************


3年前に福島県教育委員会主催の講座のご依頼を

いただいてから毎年各地をご紹介頂いております

今年は南相馬市での講師を依頼いただきました

名前だけは知っている地域ですが今だに行ったことは

ありません


その地で絵本の講座を担当させてもらいます

とても光栄なことです

3年前に

最初に依頼を下さった地区事務所の担当者様は

プライベートで90分高速道路を走って新潟市

での小さな絵本講座を見にきてくれました

地理不案内で講座が始まってからの参加となり

途中で気がつき「どなたかな?」と思ったら

最後にご挨拶をして会津若松から来たとのことを

知ったのです

わざわざ来て講師として大丈夫なのかを確認

したかったとのことです


その年以後福島県の各地よりご依頼をいただいてます

あとで主催者さんのお一人から聞いた話で、

県の担当者さんから「変わった講師がいる」と

紹介してもらった、とのことでした

いいですねー最高の褒め言葉です


自分の立ち位置は

絵本を読んだことも見たこともない人に

という人たちに伝えたい話

見たこともない、はちとオーバーですが

我が子に日常的に絵本を読まない父母さん

に向けてわかりやすく楽しく伝えるように

しています

絵本に関わる皆さんには

絵本を読まない人達もいるんだ

とのことをぜひ知って欲しいのです

そしてぜひ手を差し伸べていただきたい

と思うのです


2

2019/6/9  6:58

読み聞かせに適した人数  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します



このテーマと画像を使って何度も書いていますが

また書きます


絵本の読み聞かせをするのに最適な人数とは

という話がよく出ます

これは読み手の絵本が聞き手にちゃんと見える人数

とのことだと思っています

だから10人以内とかの説もあります


絵本は親子が家で楽しんでくださいね

と言っています、それだと子どもは多くても

2〜3人でしょうか


この説でいくと画像のような人数はどうなんですか

となります、なんせ親子で100人くらいはいます

後ろの人は絵本は見えませんよね

この場合の意味づけは

「絵本は楽しいのでぜひ家で親子で楽しんで」

とのこととしています

ひたすら楽しんでもらいます


だからお母さん、家で子どもに読んでね

というメッセージを伝えているのです

10年以上まえに「絵本らいぶ」というと

怪訝な顔をされた人もいましたが

今では「楽しい読み聞かせ」を理解して

ご依頼していただくことが多くなりました

読み聞かせの人数はその意味によって

違って良いと思います

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ