家 福島 はるお

ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825  メールehon@yumeya.biz

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2020/6/1  9:00

絵本を読める幸せ  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



コロナウイルスが出てから各種のイベント・講座

が延期や中止になり3ヶ月間絵本を全く読めない日々

が続きました


絵本が読めないくらい自分にとってはそうは大きな

問題ではないだろうと思ってはいたのでしたが

意識出来ない中でやはり鬱々とした感情がわいていました


6月に予定していた短大の授業も出来ないと思って

いたのですが、感染の落ち着きが見えたことで

リモート授業と教室での授業を担当科目ごとに

隔週で行う事が5月に決まったのです


リモート授業の担当だったのですが、お願いして

教室担当の講師さんと代わってもらい

40人クラス2コマを教室での授業で行いました


好評の鯉のぼりマスクをしたまま絵本を読む

のは初めての経験です、読んでいると口を

上下させるのでマスクが下にずれてきます

時々鼻下に落ちるマスクをあげながらの90分間

絵本もこの日は10冊以上たっぷり読みました


読む間にはワンポイントを話して普段思って

いる事をお伝えしました

恐らく絵本授業というものはそんなに受けていない

と思われる学生さんにはふくちゃんの絵本らいぶ

はどのように捉えられたか興味あるところです


今回のコーデネーター役の人から

「ふくちゃんの読み聞かせは独特の間がある」

などと言われました

読み聞かせって「間」も結構大事な点になると

考えています、これは現場で実践していく中で

養われていくのでは思っています

絵本を読んで1000回、こんな所に生きています


90分授業を2コマ連続さらに3ヶ月ぶりのことなので

疲れが出るのではと思ったのですが、終わった後の

爽快さ、リフレッシュ?、などありありと感じることが

出来ました


何回も言っているのですが

絵本を読めることは【普通】のことではなく

こういう情勢になって気がつきました

なんと幸せなことかと


今回の授業に使ってくれた人や

これまで絵本を読む機会・講座を行う機会を

与えてくれたすべての皆さんに感謝いたします

ほんとにありがとうございます


感謝の言葉だけでは足りないので

過去に絵本らいぶ・絵本講座で呼んでいただいた

皆様、これから大勢の前で絵本を読める

状況になった際には、講師料を気にせず

お声がけいただけるようでしたら

喜んで参じたいと思いますので

ぜひせひ ご検討お願いします






絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2

2019/11/14  17:17

うれしいアンケート  絵本講座



クリックすると元のサイズで表示します


先日の絵本講座のアンケートをいただきました

許可を得ているものを抜粋で紹介します


子どもにたくさん話しかけて下さり親子ともとても

うれしく楽しい時間でした (K・Eさん)

(たぶん最前列にいた親子さんに絵本を読む

前ごとに話しかけていたことと思います)

観客と一体になって楽しんでいますので


こどもが同じ絵本を何度もせがむなど

絵本を読むのがたいくつ、面白くない

と思っている親、と言う言葉にはまさに

自分のこちだとドキッとしました

言葉を覚えるから

文章力が

と打算と義務的?に読むのは辞めて

ふくちゃんの言う

親子ふれあいタイムと思って

遊びのひとつとして絵本をとりいれ

ようと思いました (K・Mさん)


このように絵本を読むことは何かに役立つ

から読む、という人も多いようです

でもこれだと親子とも楽しくはありません

気軽に楽しく、絵本は親子ふれあいタイム

を作る作るものです、と言っています


このようにこちらのお話やスタイルに共感

してもらうととてもうれしいです

こちらも楽しい時間をすごさせてもらいました








絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

1

2019/10/8  6:53

高校生に絵本はどうなのか?  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します




絵本は子どものものだけではない

と繰り返して話しています

しかし実際は世の中は

「絵本って子どもに読むものだよね」

と思われています


それはなぜでしょうか?


たぶん

絵本は大人には読んであげないし

大人も自分では読まない

小学生になれば文字が読めるから自分でも読める

などなどが、至極当然のように言われ続けていて

まして誰も

中学生や高校生に絵本を読んであげよう

などとは言ってこなかっただけではないのでしょうか


だから声を高くして言ってます

中学生にも高校生にも絵本を読んであげましょう


数年前から保育士をめざす専門学校で絵本授業

を行なっています

ほとんどが高卒の学生さん20歳の皆さんです


みんな楽しく、授業で絵本を読んで、読んでもらってます

そしてこのたび初めて高校三年生のクラスでの

絵本授業をする機会に恵まれました


面白いコメントは


良い意味で想像と違った
絵本なのにおもしろかった
思った以上に面白かった


特に深い意味ではないのかもしれませんが

「絵本なのに」とのフレーズです

自分も15年前まではそう思っていました

絵本なんかこどものものでつまらない

絵本なんか教育熱心な親が読むものだ


などと思って近づかなかった身です

知らなかつたのです、絵本の本質を

自分と同じように絵本の楽しさを

知らない人がいるのでは

そう思って今があります


たぶん、中学生・高校生は絵本とは一番

縁遠い位置にいるかもしれません


彼らも近い将来は親になるかもしれません

その時にはわずか一コマの授業で知ったであろう

絵本を読める人になっていてほしいと願うのです





絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問

ご依頼など下記の電話又はアドレスにお願いします

家 福島 はるお


ご依頼・ お問い合せ

スマホ080-5221-8825

メールehon@yumeya.biz


メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

2

2019/6/18  18:26

絵本講座の出来は?  絵本講座


クリックすると元のサイズで表示します


人様に自分の話を聞いてもらうようになった時に

いつも思っているのは

「この話は人に聞いてもらえる話なのか?」

などと思ったりします




それはほんの一瞬で終わり

この話をするのは自分しかいないだろう

などと

はなはだ勘違い、自意識過剰、うぬぼれ野郎

の三拍子を揃えないと、そもそも人様に向かって

自分の思いを話すなど恐れ多く恐縮至極なのです


自分は知識で得たことよりも経験・体験したことを

伝えることが多いです

よって全身全霊はちとオーバーですが

参加してもらった人達に一人でも多く知って

欲しいことを伝えています


そんな講座のあとで主催者さんに送ってもらう

アンケートはうれしい評価が並んでいます

これを見ながら

「よっしゃー 次行くぞ〜」

(飲みに行くのではありません)

自らのテンションを上げます

そしてまた思うのです



自分の話はこれでいいのかな?

いいんじゃないの、これで

そうだよね

次の講座も頑張ろう

と、輪廻のごとく繰り返しています


アンケートを読みながら飲むこの時期の

ビールはなんでこんなにうまいのかな






1

2019/6/10  21:39

変わり種講師  絵本講座


クリックすると元のサイズで表示します



*******************************************************

福島県教育委員会 読書活動支援者育成事業 研修会 講師
2016年会津若松市会場
         2017年南会津会場
          2017年白河市棚倉町会場
           2018年郡山市会場
          2019年 南相馬市 
福島県 会津美里町 本郷保育所 保護者向 研修会

福島県 会津坂下地区幼稚園教育研究会夏季研修会 講師

******************************************************


3年前に福島県教育委員会主催の講座のご依頼を

いただいてから毎年各地をご紹介頂いております

今年は南相馬市での講師を依頼いただきました

名前だけは知っている地域ですが今だに行ったことは

ありません


その地で絵本の講座を担当させてもらいます

とても光栄なことです

3年前に

最初に依頼を下さった地区事務所の担当者様は

プライベートで90分高速道路を走って新潟市

での小さな絵本講座を見にきてくれました

地理不案内で講座が始まってからの参加となり

途中で気がつき「どなたかな?」と思ったら

最後にご挨拶をして会津若松から来たとのことを

知ったのです

わざわざ来て講師として大丈夫なのかを確認

したかったとのことです


その年以後福島県の各地よりご依頼をいただいてます

あとで主催者さんのお一人から聞いた話で、

県の担当者さんから「変わった講師がいる」と

紹介してもらった、とのことでした

いいですねー最高の褒め言葉です


自分の立ち位置は

絵本を読んだことも見たこともない人に

という人たちに伝えたい話

見たこともない、はちとオーバーですが

我が子に日常的に絵本を読まない父母さん

に向けてわかりやすく楽しく伝えるように

しています

絵本に関わる皆さんには

絵本を読まない人達もいるんだ

とのことをぜひ知って欲しいのです

そしてぜひ手を差し伸べていただきたい

と思うのです


2

2019/3/20  21:21

絵本講座のアンケートから(3)  絵本講座


絵本講座のアンケートから(3)
過去の絵本講座でのアンケートで
SNS公開許可をいただいたものを紹介していきます



****************

絵本とは 子どもから大人まで楽しめるもの

ちからを入れず身構えずにもっと気軽に親子で

楽しめるもの、と聞いて益々絵本が好きになりました

周りの子どもたち、そして孫の代にまで伝えたいです

今日はありがとうございました

(H29 I・T さん ひまわりクラブ指導員向講座で)

*******************

指導員のみなさんはやはり絵本も好きな人達が

多かったのですが、やはりある種の思い込みを

もっている人がいました

絵本は楽しい・楽しんで良い・小学生も読んで

もらって良い、などをお伝えしました
1

2019/3/19  20:34

絵本講座のアンケートから(2)  絵本講座

絵本講座のアンケートから (2)
過去の絵本講座でのアンケートで
SNS公開許可をいただいたものを紹介していきます

************
親子一緒の絵本らいぶは子供たちがとっても

楽しそうでした

絵本は親子のコミュニュケーションの道具として

使い,子供に勉強のためなどと意味をつけたりしない

ということにとても納得しました

これからはもっと楽しく遊ぶ道具として絵本を読みたいと

思いました

(H30 Y・N ママ)

*************

絵本は何かの役に立つなどと思わずに気軽に

楽しんでくださいね

1

2019/3/19  6:28

絵本講座のアンケートから (1)  絵本講座

絵本講座のアンケートから (1)
過去の絵本講座でのアンケートで
SNS公開許可をいただいたものを紹介していきます

***

とても絵本に愛のある方だと思いました

話も面白しろく、時間があっという間にでした

子どもの絵本選びは親が好きな本、親が面白いと思った本

がいいんだよと、との言葉を聞いて、これからは迷わず私の

好きな本を読み聞かせたいと思いました

絵本は楽しく読めばそれで良いんだなぁ、色々難かしく

考えるよりも楽しいのが一番だ、と思うことが出来ました

ふくちゃん、これからも頑張ってください

(H30 あいりゆうりママ)
******

何よりも読む親御さんが楽しいと思わないと聞いている

子どもたちは楽しめません

よって読む親御さんが好きな、楽しめる絵本を最初は

選んでみて欲しいと思います
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ