・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2017/5/7  21:08

読みきかせボランティアをしているのは  絵本の読み聞かせ


パパがやいたアップルパイ
パパがやいたアップルパイ [ハードカバー]




我が家の前にあるバス停で保育園から帰る子どもが二人

お母さんとバスを待っていました

その子どもの一人が向こうから

「あーふくちゃんだー」

と声をかけてくれました


そんな光景に出会うのは


自宅の近くにある保育園に週一回年齢別クラスをまわり

絵本を読んでいます

「読みきかせボランティア」と言うものををしています

世の中には「読みきかせボランティア」さんがたくさん

いらっしゃいます

そしてその活動をする理由は皆さんそれぞれだと思います


でもこれから読みきかせボランティアをしてみたい

と思う人はなぜ自分はこれをしたいのか

と言うことを明確にしておかないといろんな事に

悩むことになります


どんな絵本を読むか

一歳児と五歳児ではどんな絵本が良いのか

では小学校の一年生と六年生ならば

親子向けならば、大人向けならば

それぞれどうやって読むのか


などと言った疑問がが次々にやってきます

これは一つ一つ解決出来る説明があるのですが

最初に言った

自分がその場所で絵本の読みきかせをする理由

がはっきりしていればあまり悩むことはないと

考えます


自分の場合ですが

地域の保育園や小学校で絵本を読む理由はただひとつ

子どもたちと知り合うことが出来るからです

最初の光景の、こどもから自分に呼びかけてくれる

保育園に行くと二歳児さんが「ふくちゃーん」

と駆け寄ってきてくれる

小学生が下校時会うと声をかけてくれる

高学年は道路の向こうでひそそと

「あれ、ふくちゃんだよね」と話してこちらを見つつ

笑顔を見せてくれる


とのことで地域に住む大人の一人として地域の保育園・小学校

に通う子どもたちと顔なじみになれるから

自分は絵本を読んでいるのです


保育園児は両親など身近な大人以外の大人を知っているだけで

うれしくなります


そんな子どもたちと友達になれるので絵本を読んでいます

その事を第一に考えると読む場合の技術的な問題は

そう悩まなくても良いと考えます

保育園では子どもたちのクラスに入っただけで

歓迎されますし、学校では地域の大人が来てくれる

とのことで児童も見守られ感が出来ると思います


そう考えてもらうと絵本を読むことにあまり抵抗は

ないのではと思います

小学校の読みきかせボランティアを募集すると

皆さん一応に敬遠するのですが、こんな事を説明

すると、それならばやってみたいと思うかもしれません

絵本の読みきかせ

本当はだれでも出来ます

でもだれもが最初は尻込みする場合が多いです


絵本を読む意味を考えてみると良いかもしれません



画像はパパの焼くリンゴパイが地球の全てに

関わるという壮大なテーマな割には父と女の子

が主人公で絵が面白く

谷川俊太郎さんの訳がこれまた小気味良いです


本文とは関係のない絵本ですが読んでみて下さい

 
10

2017/2/12  10:00

読み聞かせボランティア勉強会  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します




学校・図書館・公民館などで読み聞かせをしている

人達向けの勉強会というものを受講してきました

講師・館長・参加者を含めて部屋に13人

その中で男性は自分ひとりという相変わらずの

絵本の世界です



「初級者向け」となっていましたが

参加条件が

この指定の書籍を読んでくることとなっていて




さらに、10人定員として受講生は絵本を一冊用意を

して事前に申し込み、当日はそれを読み聞かせをして

他の受講生が一人ずつ合評するという結構ハードル

が高そうな勉強会でした


集まった皆さんは予想通り読み聞かせ歴の長い方や

すでにそれなりに活動している皆さんでした


昼食挟んで四時間の講座ですが、講師の言いたいことは

宿題の書籍に書いてあるとの事で30分程度に留まりました

その後ワークショップに入り読み聞かせ実習となりました


たぶん女性の方が多く皆さんの用意をする絵本は想像

できたので自分は十八番の「おならうた」を読みました



講師講評で「自分は読まない・微妙」とのことでした

最近はこの絵本の感想を聞くことで講師さんの立ち位置

を知ることが出来るようになりました

絵本好きな人のようです


「読み聞かせボランティア」をするためには

こうやって勉強会などで学ばないと出来ない・・・のか

などと思ってしまいますが、何を学ぶのか・教えるのか



勉強会を受講して改めて自分の講師としての立ち位置

を確認することが出来ました

貴重な一日となりました

2

2016/12/9  6:30

正統派読み聞かせ?とは  絵本の読み聞かせ


新聞の余波が続いています



長きに渡り子どもたちと接していて

絵本も好きで読み聞かせについても、思いを持っている

人のお話を聞かせてもらいました


『数年前に「ふくちゃん絵本らいぶ」を見て

とても違和感を感じた、自分の中では絵本をあのように

読むと言うのは、表現は悪いが「邪道」ではないかと思った』

とのことでした


その後、今度は毎月絵本らいぶを見ることになり

小さな子どもたちが目を輝かせて、まさに食い入るように

ふくちゃんの読む絵本を見ている姿を目の当たりにして

思ったそうです


子どもたちがこんなに絵本を楽しく見てくれるんだから

これで良いのでは、自分が長く思っていた「読み聞かせ」

だけが正しいのではないのかもしれない、と


しかし長く自分の中にあった「絵本の読み聞かせ」と言うものと

ふくちゃん流の絵本らいぶを比較して葛藤があり悶々としていた

が最近やっと自分の中で整理が出来た

と話してくれました


すごい話です、この人ならではの思いです、それだけ

絵本を読むと言うことに思い入れがあると言うことです



別の話ですが、初めてふくちゃん絵本らいぶを見たお母さんが

話してくれました

「衝撃的」な読み聞かせだった、絵本をあんなふうに読んでも

いいんだ・・・

このお母さんもわが子に絵本を読むにあたり、それなりに

思いを持っていたのだと思います


こんなふうに書くと「ふくちゃん絵本らいぶ」って一体どんな

読み方をしているのだろう、と思う人もいるかもしれませんが

本人としては極めて「普通」に読んでいるつもりです

説明で例えで言えば

あまり絵本を読まないお父さんか家でわが子に絵本を読む

場合に似ています、お父さんは好きなように読みます

親子で楽しむツールとして絵本を読んでいます




「ふくちゃん絵本らいぶ」は

日常的に絵本を楽しんでいない親子に

絵本の楽しさに触れたことがない子どもたちに

親が楽しめないとわが子に絵本は読めないので

大人に絵本の楽しさを知ってほしい

そんな思いを持って読んでいます

2

2016/12/8  5:56

演劇のような読み聞かせ?  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します


地元紙に幼稚園さんでの絵本らいぶ&ミニ絵本講座

を記事にしてもらいました

これを見た知人がメールをくれて



記事にある「演劇のような読み聞かせ」

とはどんな読み方か?と聞いてきました


子育てを終えて特段絵本に興味があるわけではない人ですが

「演劇」のような・・に興味を持ったらしいのです


では演劇のようではない絵本の読み方とはどんなものか?

言われた自分も気がつきました


記者さんの頭の中には「絵本の読み聞かせ」とは

「こうやって読むもの」とのイメージがあるので

そうではない読み方を

「演劇のような読み聞かせ」

と、表現したのではと想像します


絵本講座をしていると

「どんなふうに絵本を読めばよいかわからない」

つまり読み方をどうすれば良いか悩む人達が絶えません


普段絵本に親しんでいる皆さんは

普通に読めば良いのではと考えますが、この普通が

わからないので悩んでしまいます


世の中では「絵本の読み聞かせ」とはかくあるべき

このようにして読むのだ

との教えが教科書のように存在します


よって自分の子どもにそのような読み方をしても

しっくり行かないと、悩みや疑問を感じて読めなく

なってしまいます


記者さんも今回の取材での読み聞かせは自分の中で

イメージしている「読み聞かせ」とは少し違ったのかも

知れません、例えたら「演劇のような」になったのでしょう


わが子に絵本を読むときは、好きなように読んでください

と絵本講座で話しています、(前後の話もありますが)


絵本をどうやって読んでも「○○のような読み聞かせ」

とは思われない風景にならないと、すべての子どもたちが

お家で父母に絵本を読んでもらえないと思っています


絵本を読むのは特別な事ではなく

読み方も決して決まっているわけではありません

3

2016/11/27  19:56

「絵本の読みあいからみえてくるもの」  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します


        村中季衣 著  ぶどう社


紹介してもらった本です

「絵本の読みあい」少し変わった言い方でしようか

読み聞かせの事を書いた書籍はたいていの場合

読む方の人に向けたものが多いようです

この書籍は現場を経験した著者が自ら体験した事から

聞き手側から見た「絵本」について書いたところが

面白いと思いました

最も気に入ったのは「読み聞かせのHOW TO 本」ならば

必ず出てくる事も、現場をしっている立場から意見を

述べています、こういう書籍もあるんだなと感心して

います

以下引用

「読書療法」という心理療法の有効性を検証すること
から離れ、「絵本の読みあい」ということばを用いて
絵本と人が、場と共に育ちあっていく関係をみていく
ようになりました

引用ここまで

とのことで「読みあい」の表現を説明しています
深い表現ですがわかる気がします

絵本を誰かに読んであげる、あげたい人は本書を一度

読んでみると良いかもしれません
1

2016/5/9  17:46

「おかあさんだいすきだよ」  絵本の読み聞かせ

おかあさん だいすきだよおかあさん だいすきだよ
作・絵:みやにし たつや出版社:金の星社絵本ナビ


ある方にアドバイスを求められました

あるおかあさんにこの絵本を読んであげたいが、

いかがでしょうか、と

聞けば読んでもらう方はある事情で子育てに疲れて

いるのではと思うとのこと

読む側と読んでもらう側の関係性やお付き合いはどの

ようなことなのか、判断できないので明快な答えは

出来ませんでした

ただ「読むのに迷う」と言うことは、読み手本人も

「とにかくこの絵本を読みたい」と言う勢いのような

ものはないものと感じて

であれば、避けたらどうか、との個人的な意見を述べました

具体的なタイトルを指して

この絵本を

このような人に読みたい

良いか・悪いか

一概には答えにくいかなと思うところです

2

2016/2/17  18:01

絵本セラピーⓇ  絵本の読み聞かせ

えらい えらい!えらい えらい!
文:ますだ ゆうこ / 絵:竹内 通雅出版社:そうえん社絵本ナビ


ええところええところ
作:くすのき しげのり / 絵:ふるしょう ようこ出版社:学研絵本ナビ


こくはくしますこくはくします
作:もとした いづみ / 絵:のぶみ出版社:くもん出版絵本ナビ


わたしはあかねこわたしはあかねこ
作:サトシン / 絵:西村 敏雄出版社:文溪堂絵本ナビ


ともだちって だれのこと?ともだちって だれのこと?
作:岩瀬 成子 / 絵:中沢 美帆出版社:佼成出版社絵本ナビ


保育士・幼稚園教諭を養成する専門学校で授業を担当しています

15コマの14コマ目となりそれまでと少し違った授業としました

保育士さんは保護者に

「ぜひおうちで子どもと絵本を楽しんでください」

とプロのアドバイスが出来る事を願って授業しています

今回は子どもたちに絵本を読んであげる

「保護者」=「大人」に向けた話です

大人が自分で絵本をかきにならないと絵本は楽しめません

そこで大人が絵本を楽しむ方法の一つに

「絵本セラピーⓇ」があります

絵本セラピスト協会認定の「絵本セラピスト」でもあるので

学生さんに「大人が楽しむ絵本」とのことで紹介しました

普段自分自身を褒めることはなかなかできないのですが

「えらいえらい」「ええところ」を読んで自信を褒めてもらいました

自分を認めてくれる人が身近にいることも大事です

時には思っていた事も「こくはく」すると気分も楽になりますよね

人との比較をすることが常になっている世の中ですが、

価値観を分かってもらえるととてもうれしいです、

「わたしはあかねこ」でそんな話を

聞いてもらいました

若い時はやはりいろんな事を言いあえるのは友達でしょうか

でも「ともだちってだれのみと?」を指すのでしょうね

そんな流れで絵本を紹介してみました

グループワークをとりながらすすめ

学生さんのアンケートでは

いつもの子ども向けとは違った絵本で新鮮でした

などの声がありました

大人こそ絵本で楽しみましょうね
0

2016/2/15  20:34

大人のための絵本らいぶ  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します



大人のための絵本らいぶを開催します


夜の図書館で平日開催です


仕事の帰りに


夕飯食べてからでも


お出かけください


申し込みはいりません


先着20名です


子どもたちもきても良いけど


特に子ども向けのプログラムはやらないかも


大人むけの絵本って?


どんな絵本かな〜


と思う人はぜひお出かけください



3月3日(木)と10日(木) 2週続けて開催します


両方とも、または片方だけでも参加できます


先着20名ですよ


19時開始です


図書館との共催事業です
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ