2009/3/22

春カンパチ  遠征
ちょっと古い写真たちです。
クリックすると元のサイズで表示します
「カンパチ」鹿児島を代表する青物
クリックすると元のサイズで表示します
南西諸島の一角、「三島村 硫黄島」
桜島・諏訪ノ瀬島・口永良部島と鹿児島は今なお噴煙を上げ続けている活火山がとても多い地域。三島村 「硫黄島」もその1つ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
釣り味が、とても面白い魚です。
クリックすると元のサイズで表示します
これから春・夏を迎え状況はどんどん良好になり大型カンパチを狙えるようになるので、とても楽しみ!
7

2009/3/20

憧れの魚  遠征
クリックすると元のサイズで表示します
「イシガキダイ」
クリックすると元のサイズで表示します
「力と力」
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
イシダイ・イシガキダイ
この釣りは、私にとって憧れの釣りである。広大に広がる外洋にちょこんと顔を出す小さな岩礁の上で竿をだし、コーヒーでも飲みながらアタリをドキドキしながら待ち続けるその時間、至福のひとときである。
クリックすると元のサイズで表示します
釣りをしていて「好奇心・高揚・歓喜・感動」が無くなったとき、それは釣りから足をひくときである。

3

2009/1/31

平島の思い出  遠征
昨年の9月に遠征したときの写真です。
島民達との親睦を深めるという目的と原稿のネタに使おうと考えて遠征したのですが、止めてしまった写真たちです。

もったいないので貼っつけます。

クリックすると元のサイズで表示します
トカラ列島十島村平島
クリックすると元のサイズで表示します
村への一本道
どこまでも続く水平線を眺めながらとにかく歩く。
港から村までひたすら坂を登る。村まで徒歩で30分、原付で5分。
クリックすると元のサイズで表示します
第一島民 「トカラ牛」
肉牛としての特産品でもある。まだ食べたことはない。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「海岸」
とにかく遠浅な岩盤が続く。港から時計回りに島を3分の1周歩いたところで、堤防建設予定だったところに到着。
クリックすると元のサイズで表示します
堤防の先端にこんな窪みやスリットが沖に向けて続いている。ルアーを通すと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
カスミアジ
エメラルドグリーンとブルーの斑点模様というか・・・美しく厳つい顔のカッコイイ魚である。
一度コイツの10キロオーバーを釣ってみたい。
クリックすると元のサイズで表示します
バラハタと魚は、あと巨ダツの3目で終わってしまった。

これからは、平島の風景
クリックすると元のサイズで表示します
ガジュマルの木
クリックすると元のサイズで表示します
トカラヤギ
十島村で平島のヤギだけ白黒柄だそうで、原種だそうです。
年2回、島の行事で捕獲され、食べれてしまうためとても警戒心が高い。半径30メートル内に入ってしまうと一目散に逃げてしまう。
クリックすると元のサイズで表示します
「巨丸太」
夕方、丸太の上で仮眠していたら、虫にたかられて大変なことになった(笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
使用タックル
13


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ