2007/11/24

ツマグロヒョウモン  

今日アップしたのは、先日、11月7日に近くの羽川学習林で見つけた珍しい蝶。新発売となるニコンD3でなにかを撮ってみようと出かけて見つけた個体である。図鑑によると、南方に生息するツマグロヒョウモンという蝶のようであった。
このチョウのメスは、南方に生息する毒のある蝶「カバマダラ」を真似ているとされる。このことからもわかるように、日本では、近畿地方以西には生息しているようだが、この小山の一帯では見られない蝶らしい。
これは、温暖化の影響なのか、それとも迷い込んだだけなのか? はたまた、違う種類の蝶なのか??? 結論はわからない。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ