2016/8/24

タイムスリップ  駅旅

夏らしい田舎な風景を求めて富山地方鉄道へやってきました。富山県の東部を走るこの鉄道のうち、まだ行ったことのなかった不二越・上滝線へ。
富山地方鉄道には、まだまだ昔のままの駅舎、ホーム、待合室が残っていて、周辺に遮るものがない場所では、それこそ大正〜昭和初めの風景が広がっています。(架線柱や広告看板など比較的新しいものもありますが...)
まだ、新幹線どころか電車もないSLが主流の時代には、こうした風景があちらこちらにあったんでしょうか。いまや、貴重なこの風景を少しでも残しておいてほしいものです。


クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ