2017/1/27

最北へ  駅旅

日本最北の鉄道である宗谷本線。日本最北の駅はその終点の稚内駅なのですが、その稚内駅を15年振りに訪ねました。

以前の稚内駅は、いかにも最果ての駅といった感じでしたが、今や複合施設として建て替えられ、駅前にはキレイなイルミネーションも。最果ての地にやって来た...といった感じはなく、むしろ、都会な雰囲気です。

その一方で、宗谷本線自体にはまだまだ古い雰囲気の駅がたくさんあり、最北の地に向かう路線らしさが満点。

その一つ、稚内駅の2つ手前の抜海駅は、荒野に佇む感じの駅。古い電柱など、往時が偲ばれる姿のままです。

クリックすると元のサイズで表示します
どこかの雪国の都会かと思ってしまう稚内駅。ガラス張りの複合施設はなかなかご立派なモノでした。

クリックすると元のサイズで表示します
最果て感満点の抜海駅。稚内まではあと少しです。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ