2017/11/26

かつては分岐駅  駅旅

かつては、八百津線との分岐駅でもあった広見線の明智駅。現在でも広い構内がその当時を物語っています。駅舎も木造の古い駅舎がそのまま残っています。

新可児駅から先の広見線は、現在、存続が危ぶまれており、沿線自治体が費用を一部負担することで、何とか廃止を免れています。
名鉄線なのにICカードが使えないのが現状。(これは蒲郡線と広見線の新可児〜御嵩間のみ)
凄いのは、今時電車の行き先表示が看板であること。電光表示はおろか、ロール式の行き先表示も使われないのです。

ということもあり、新可児駅を過ぎるととたんにローカル感が漂うわけです。

クリックすると元のサイズで表示します
ほとんど残っていなかったコスモスまでもが郷愁感を漂わせてしまいました。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ