2018/4/25

終着駅  駅旅

京都から下関(正確には手前の幡生駅)を結ぶ山陰本線は1府4県にわたる長大本線ですが、そこにたった一区間だけ支線があります。それがこの写真の仙崎駅を終着駅とする仙崎支線。
長門市駅からわかれ、この仙崎駅が終点。1日の運行本数もさほどないものの、最近運行を開始した「○○の話」という列車は復路に限ってですがこの駅にも立ち寄るのです。

小さなローカル駅かと思いきや、たまたま近くにオープンしたばかりの道の駅(センザキッチン)は休日ともあって車誘導のガードマンまで出る始末。危なく満車で利用できないところでした。

そことは対称的に少し閑散としている駅前。列車を利用する人は少ないと思われますが、青海島という観光地も抱えていることで、いわゆるローカルな終着駅としては利用客もいるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
丸ポストが残されてレトロ感も醸す仙崎駅駅舎。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ