2018/9/30

お城のような  駅旅

今年の秋は気温差が大きく、アレルギー+喘息の症状が酷い状態です。だからではないですが、なかなか朝起きることができず、仕事もつまり気味。今も、少し「ヒーヒー」胸の音がしている状態です。

それはさておき、今日から10月ということで、ブログの方は9月の山形の駅旅写真へと。

今日紹介するのは、山形新幹線(奥羽本線)の高畠駅です。太陽館という建物になっていて、観光案内所などを兼ねているのですが、その外観はまるで西洋風のお城。ぶどうの産地で、ワインなども生産していることから、西洋風のお城なんですかね...

クリックすると元のサイズで表示します
こんな西洋風のお城、どこかで見たような...。

で、お城というと、旅行読売11月号はお城の特集ということで、駅舎のある風景も「お城」を意識した写真に。同じく山形県にある奥羽本線真室川駅を紹介しています。高畠駅同様、観光案内所や直売所を兼ねた建物で、屋根に金のシャチホコガ踊る、まるで城(こちらは日本風)のような外観です。ぜひ、ご購読下さい!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ