2005/7/27

オオムラサキ発見  

季節はずれの台風一過。スカッと晴れて気持ちが良い。そんな中、羽川学習林に出かけた。
気温が上昇してきたこともあり、クヌギの木は虫たちで大混雑。キイロスズメバチもうろうろしていて、ちょっと近づきがたいと思っていた。そこに大きな羽をもつ蝶がやって来てキイロスズメバチを蹴散らした。正体は、日本の国蝶でもあるオオムラサキ(オス)。こんな近くで見られるとは思っていなかったのでちょっと驚きである。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ