2006/9/27


今日は、午後から雨。雨の中、東京まで車で来て、日が変わった28日午前1時。まだまだ仕事中である。
ちょっと気晴らしに、先日の長野県昼神温泉で購入したお土産の紹介。写真が撮れていない群馬県を除くとこれが6都県目のお土産行脚である。
今回の商品は、温泉場にちなんで「湯のたまご」。そう、またもや「たまごシリーズ」である。詰まるところ、●●のたまごはどこにでもあるということなのである。
ソフトなスポンジの中にカスタードクリーム。味は、そんなに甘すぎず、まあまあ。あっという間に売り切れてしまった。静岡の「海亀のたまご」に比べれば、とても美味しい。

  クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/20


東京都葛飾区柴又へ出かけてきた。
そう、映画・寅さんの故郷...
東京の中で、いまだにちょい昔の雰囲気を残す僅かな土地の一つ。
あちらこちらを散策して写真を撮影してきた。

それで、お土産。
草団子は芸がないと思い、物色していると、「10円饅頭いかがですか!」の声。
なんでも、テレビで紹介されたとか宣伝していて...
普段ならそのようなものは買わないのだが、
ちょっと食べてみると美味しい!

ということで、東京だけじゃなくて千葉にも支店はあるようなのだが
和ふ庵の「蒸しまんじゅう」が東京のお土産なのだ。
  クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/19

ウラギンシジミ  

台風13号は、日本海を通過して北海道へ近づいている中、関東地方は久しぶりに晴れ間が覗いた。
今日は、市内を流れる鬼怒川の河川敷まで撮影に出かけることにした。場所は、鬼怒川にかかる中島橋の近くの河川敷の平地林とその周辺。ここも、自然を残すことを目的として小山市が管理している場所。そのため、比較的さまざまな生物が見られる。
とはいったものの、見慣れた蝶やトンボやはいるものの、今まで観察したことがない種類にはなかなか巡りあえず、キチョウやハグロトンボなどを撮影していた。ミスジチョウやフタスジチョウなどもひらひら飛んでいたが、こちらはなかなかファインダーには収められずいたとき、何やら白っぽい羽根をした蝶?を発見した。しばらくすると、葉の上に止まったのですかさず撮影。その場では種名まではわからなかったが、帰って調べると「ウラギンシジミ」というシジミチョウの仲間であることが分かった。
しかし、その食べ物は、腐った果実、肉、糞...。以外と汚いものを食べているのね...。
これで写真にした種類はようやく14種類になった!


クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/15

くら〜い!蝶  

久しぶりに近くの学習林まで昆虫の写真を撮りに出かけてきた。
この時期、主役となるのは、やはり蝶の仲間である。主に、タテハチョウの仲間は、クヌギ類の樹液に集まったり、実って落ちた果実に集まったりと、林の中をひらひらと飛んでいる。
写真は、タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科のヒメジャノメである。雑木林の中でも比較的普通に見られる種類。
しかし、写真にするとなるとあまりにも地味。しかも、普通はくら〜い所にいるので、さらに大変。
ちょうど、日なたの草のところにとまり、日が射したところで羽根を広げてくれたので、シャッターを切ってみた。


  クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/13

久留里線  駅旅

 この間の日曜日に千葉県富津市まで仕事で出かけた。その日は快晴とあって、仕事は午前中で終了。前もって借りておいたレンタカーを使い、JR久留里線の駅訪問に出かけた。
 久留里線は、千葉の木更津から千葉の山間部へと延びる盲腸線。山間部といっても、千葉県は日本で一番標高の低い県(都道府県内で一番標高が高いところが日本一低い県)。沿線のほとんどの地域は低地で、山となるのは、久留里駅を過ぎてから。
 初秋の山里の雰囲気が漂う平山駅〜上総松丘駅間で、キハ35&30の2連普通列車を撮影した。


   クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/9

オオハンゴンソウ  自然観察

秋になってきたせいか、山沿いのいたるところでオオハンゴンソウを見かけるようになってきた。
黄色で綺麗なんて思っていると、大間違い。外来生物法で特定外来生物に指定されているとんでもない植物なのだ。つまり、ブラックバスなんかと同じというわけ。
日本自然保護協会の会報によれば、現在、国立公園の特別保護地区なんかへも侵入しているらしく、かなり深刻化しているようである。危機感をもって見てもらいたい植物である。


  クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/9/3

今年の挑戦  自然観察

今年の挑戦として、クワガタの繁殖をしてみることにした。
既に、7月の下旬に捕まえておいたクワガタは3種類
(コクワガタ、スジクワガタ、ノコギリクワガタ)
このうち、スジクワガタ・コクワガタを入れておいた水槽の木を見たところ
スジクワガタと思われる幼虫が十数匹ほど見つかった。
そういえば、しきりにスジクワガタのメスが木の中に入り込んでいた。
そのときに生んだものなのだろう。

早速、小瓶に仕分けすることにした。
試しに、クワガタを繁殖するときに使う菌糸の入った容器にも1匹移してみた。
果たして成長するかは?だが、初めての挑戦に少しワクワクしている。

ちなみに、ノコギリクワガタの方はまだ???
10月くらいには、木を割って中を見てみようと思っている。


   クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ