2011/10/30

テクノさかき  駅旅

最先端技術の開発研究を目的に設立した坂城テクノセンターの近くに設置されたしなの鉄道の駅。しなの鉄道の駅なので、古くからある信越本線の駅とは様相が違っている。この一帯は山に囲まれた盆地のような地形をしている。そのためか、晩秋ともなると朝霧がよく発生するようだ。今日も、いい感じに朝霧が辺りを漂っていた。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/28

鶯巣駅  駅旅

天竜川の谷沿いにある鶯巣駅。夕暮れの日差しに辺り一帯は輝いていた。周囲には住宅もなく、いかにも人里離れた場所にある感じが好きだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/27

平岡駅  駅旅

今日の写真はJR飯田線平岡駅。ホームにぞってサクラが植わるこの駅。秋の低い日差しを浴びて、サクラの葉が輝く。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/26

為栗駅  駅旅

今日の一枚は、JR飯田線の為栗(してぐり)駅。なかなか読めない難読駅名である。この駅は、天竜川が目の前を流れ、特に遮るものがなく、眺望が良い。思わず、ホームにあった駅名表示と背後の天竜川を一緒にパチリ!

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 飯田線 天竜川 眺望

2011/10/25

中野駅  駅旅

中野駅は中野駅でも長野県を走る上田電鉄の中野駅は、ホームの目の前に原野が広がっている。
今日は、秋の下り坂の気流が徐々に近づいてきたのか、高層雲が見事な模様を描いていた。ちょうど、駅のホームとの絡みもよい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/24

中井侍  駅旅

大阪の帰りに長野県の飯田線へ。信州南部の天竜峡の一帯には、深い谷の下を列車が走り、そこから山の尾根に向かって道が延びる駅が多い。なかには、車ではアプローチできず、徒歩でしか行けない駅もある。
また、天竜川に沿って走っていることから、特に秋には霧が発生しやすい。今回も、夕方になると川面から霧が立ち上り、辺り一帯を包んでいった。
写真は、夕霧が立ちこめる中井侍駅。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/23

阪急  駅旅

大阪二日目。少しだけ時間を見つけて阪急線を撮影してみた。阪急の車両を撮影するのこれがはじめて。はあいにくの天気もあって、阪急の車両の色は黒っぽく落ち込んでしまった...。気をつけないと...。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/22

大阪へ  駅旅


大阪までやって来た。
フジフイルムフォトサロン大阪で開催中の日本旅行写真家協会西日本メンバーズ展にゲスト出展しているから。今日22日は会場に滞在してるので、チャンスのある方は是非。

でも、写真はなぜか名古屋市営地下鉄名城線の黒川駅。地下鉄で、完全な環状運転をしているのは、日本ではこの路線だけでは...今回は、車で名古屋まできて、そこから電車で移動したため、そのとき立ち寄った次第。
ちなみに、駅は、名古屋市住宅供給公社かなにかの団地の下にあり、近くには名古屋市北区の行政機関が集まる。



クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/18

そろそろ紅葉が  駅旅

日本の鉄道でもっとも標高が高い場所にあるJR小海線野辺山駅。さすがに標高が高いだけあって、紅葉もちょうど見頃を迎えつつある。この2日間ほど、その小海線を中心に駅旅。
まだまだ周囲の駅では紅葉はこれからだが、中には、かなり色づいている木もあったりする。いよいよ紅葉シーズンまっただ中へ突入だ
写真は、色づいた白樺の向こうに見える野辺山駅。夕日に輝いた白樺がとても印象的だった。


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 野辺山駅 紅葉 夕日

2011/10/10

今日も五反田  駅旅

今日も仕事で五反田に来ている。雑誌の編集作業の仕事もしている関係で、月の半分くらいは、五反田にやってくるのだ。
五反田といえば、山手線のほか、都営浅草線と東急池上線が乗り入れている。
そのうち東急池上線は、都会にありながら僅か3両編成の電車が運行していて、ローカル線的な雰囲気も併せ持っている。
池上線の五反田駅は高架になっていて、駅を出るとすぐのところに目黒川が流れている。

今日の一枚は、その目黒川を渡る池上線。
川面に映るその景色に見とれてしまい、シャッターを切った。

クリックすると元のサイズで表示します


0
タグ: 五反田 目黒川 反射



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ