2013/1/31

大川駅  駅旅

JR鶴見線大川駅は、都会にありながら、極めて列車の本数が少ないローカル線のような存在。京浜工業地帯の中を走る鶴見線は、路線そのものがちょっとローカルな雰囲気を醸し出している。中でも、大川支線の終着駅大川は、別格と言っていいだろう。平日で上下9本、土度休日に至っては僅か上下3本の列車しかない。この写真も土曜日夕方の貴重な1本だ。クリックすると元のサイズで表示します

この鶴見線が走る横浜で、カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+2013」が本日1月31日に開幕する。今年も昨年に引き続き会場から動画レポートをお届けします! 詳細はCAPAカメラネット特設ページへ
0
タグ: 大川駅 鶴見線 横浜

2013/1/30

鹿ノ谷駅  駅旅

鹿ノ谷駅は、石勝線(元々の夕張線)の終着である夕張の一つ手前にある駅だ。夕張といえば炭坑で栄えた町。終着の夕張駅がすっかり観光駅舎に変わってしまい、当時の雰囲気は感じられないが、この鹿ノ谷駅ではまだまだ昔の雰囲気を感じることができる。とは言っても、昔は広い駅構内にあったであろう線路は取り払われ、今は雪原となってしまっている。ここには元夕張鉄道の鹿の谷駅があり、野幌との間を結んでいたそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
駅舎構内には、今となってはちょっと懐かしい形のベンチが置かれている。駅舎の雰囲気は昔のままなのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
昔線路が敷かれていた構内には雪が積もり雪原に。夕日が射し込み美しい景色だった。



今日は、お知らせが一つ。
写真家仲間の藤村大介氏(→ブログはこちら)が主宰であるフォトクラブ・ウィステリアフォトクラブ(→サイトはこちら)において、鉄道写真講座を開設することになり、講師を私目が担当させてもらうことになりました!
鉄道写真(ただし、“鉄”ちゃん写真ではありません)を勉強してみたい!といった方は、ぜひ参加してみて下さい。(→講座の内容はこちらです)

まず当面は3回の開催を予定し、その後状況によっては延長していく予定です。
0
タグ: 石勝線 炭坑 

2013/1/29

ここ数日  駅旅

北海道の最終日は大雪と風に見舞われ、2時間位ターミナルで足止めをくったものの、無事帰還できました。
最終日の25日は、たいした写真も撮れず、とりあえず苫小牧の近場で北斗の写真を撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

その後、飛行機に乗り成田へ。
帰る途中でトイレに立ち寄った下館駅を撮影。
下館駅は、駅舎のステンドグラスが美しい駅です。
クリックすると元のサイズで表示します

で、思い出したのが、日曜日が満月であること。
そこで、時間もないのに再び日曜夜に下館駅へ。
ただし、下調べをしていなかったので、
撮影したかったポイントになかなかたどり着けず(道がわからず)、
とりあえず撮影したのがこのカット。
クリックすると元のサイズで表示します

と、撃沈続きのこの3日間となってしまいました。
しかも、移動時間が掛かりすぎで、ようやくブログを更新できた次第です。
0
タグ: 下館駅 満月 北斗

2013/1/26

何とか帰ってこられました!  携帯より

嵐の北海道から何とか帰還しました!
疲れもあり、帰宅後は直ぐに寝てしまい、これから、撮影のため浅草です!
0

2013/1/25

氷点下25℃の富良野  駅旅

富良野線へ出かけてきた。
24日朝の気温は氷点下25℃。
北海道の方言で言うところの「しばれる〜」朝でした。
ただ、思った以上の冷え込みだったにもかかわらず、
思い通りには写真は撮れないもので、
冷えたのはよいのだが霧が立ち過ぎて、太陽の光が今ひとつ届きませんでした。

25日は栃木に帰る予定なのだが、外は今(今日は苫小牧泊)、猛吹雪。
明日、飛行機が飛ばない場合は、他の手段を考えねば...。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の鹿討駅。氷点下25℃ともなると、ディーゼルの排気がSLのように煙となって吹き上がる。

クリックすると元のサイズで表示します
二枚目は空知川の朝霧。
川岸は霧氷で一面真っ白。
0

2013/1/23

東追分  駅旅

北海道へ無事到着。昨日は石勝線、今日は根室本線と富良野線をあれこれ撮影。しかしながら、年末からの疲れがいよいよ爆発。昨日泊まったホテルのベットの寝心地がよく、今日は朝寝坊してしまった。ということで、今日は目的は達せられず。

今日の写真は、昨日撮影の東追分駅。ちょうどホームの向こう側に太陽が沈む絶好のロケーション。夕焼けの美しい時間帯にここを通過するスーパーおおぞらとともに撮影。舞い上がる雪煙が北海道らしい...。



クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/1/21

北海道へ!  その他の写真

明日より北海道へ行く。冬の北海道への取材は毎年行っていたのだが、昨年は地震後ということもあり行けなかった。ので、冬の北海道へ行くのは2年ぶりとなる。前回は、比較的雪も多く、そこそこ写真が撮れたが、今回はいかに...

写真は、2年前の取材で撮影した根室本線を行くスーパーおおぞら


クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/1/20

少しだけ先が  その他の写真

あちらこちらと取材で出かけた後は、結局まとめの作業があるため、ほとんどどこにも出かけられずにいます。
が、それも、ようやく先が少しだけ見えてきて、今週火曜日から北海道へと行く予定です。
でも、今日のところは昨日撮影した目黒線を行く南北線のてっちゃん写真。
ちょうど目黒駅を出た後の地下から地上へと出てくるところ。



クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/1/17

新田野駅  駅旅

今日も13日撮影の駅の写真。いすみ鉄道の新田野駅。この次の日に東京で大雪?が降ったのだが、その前兆なのか、秋のような雲が湧いていた。冬だというのに、やはり天気が崩れる前にはこうしたくもが現れるものなのか。そんなことを今更ながら思っているところ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/1/16

ローカル線の接続駅  駅旅

いまや、ローカル線同士が接続する駅も少なくなってしまったが、東京から至近にありながら、今なお残るそんなローカルな駅が上総中野駅だ。
13日に撮影で訪れた際に撮影した一コマ。
いすみ鉄道(写真奥)は、元国鉄の木原線。第三セクターとして生まれ変わり、現在黄色のボディカラーのディーゼルが活躍している。
小湊鐵道(写真手前)は、純粋な地方私鉄。途中の上総牛久までは郊外路線としての役割も持つが、そこを過ぎると昔懐かしい風景が広がる田園地帯を、これまた懐かしいクリームと赤(朱色)というボディカラーのディーゼルがのんびり走っている。

この2つの路線が山間の上総中野駅で接続する。休日ともなると、観光客でごった返すほどの人気ぶり。いつまでもこうした風景が残ってほしいと願うばかりである。




クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ