2014/9/29

範疇外  

読売旅行宇都宮営業所の読売フォト倶楽部の撮影ツアーの同行講師をしていて、昨日はコスモス咲く昭和記念公園と川越の蔵の町の見学に行って参りました。
台風による雨も心配していましたが、ほぼ晴れのいい天気。
私自身も最近では花はあまり撮りませんし、蔵の町なども講師などをするときや取材以外では撮らないので、ある意味新鮮な気持ちで撮影できました。
光と影を意識して、作品に仕上げてみました...。

クリックすると元のサイズで表示します
木陰の彩り

クリックすると元のサイズで表示します
蔵壁ギラリ!
4

2014/9/28

新境地  駅旅

昨日は、撮影会の下見も兼ねて箱根まで行ってきました。
有名な仙石原のススキは、これから見ごろを迎えようとしていました。
写真では見ていましたが、実際に撮影するのは初めてでした。
風を掴んだり、光源である太陽が当たっている部分を意識しても、タイミングもなかなか難しいものがありました。もっと時間があればじっくり撮りたいところですが...
(下見が忙しかったので、とりあえず撮影もろくにせず帰途に着きました!)
クリックすると元のサイズで表示します
今回、目を見張ったのは、出かける際に利用した、開通したばかりの圏央道高尾山IC〜厚木IC。ここを経由して御殿場周りで箱根へ...。
都心を通らずに静岡方面に、しかもかなり短時間で到達できるのは、まさに革命ものでした。
桶川北本ICから御殿場ICまで約1時間半。帰りも、小田原〜桶川北本間が1時間半。
今まで経験したことのない、新境地です。


そして、帰りに駅旅。写真は、小湧谷駅にやって来た箱根登山鉄道の上り列車。
ここは、桜もあるので、春にはもう一度訪れてみようと思っています。
クリックすると元のサイズで表示します

2

2014/9/26

富士根駅  駅旅

以前、富士山と駅舎が一緒に写っている写真を頼まれたことがありましたが、駅舎と富士山が形良く写せる所は少ないのが現状です。
そんな中、駅舎の完全な背後に富士山が見える貴重な駅がこの富士根駅。
撮影に行った日は、富士山は頭だけ出している状態でした。それでも、富士山は富士山。どんとストレートに撮ってみました。(でも、平凡ですね...)

クリックすると元のサイズで表示します

午前中に打ち合わせに出かけて終わった後、かなり珍しくそのまま帰宅。午後2時には家に帰宅したものの、その後部屋の片付け等々をしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。
写真が撮れないと退屈なものです...。

2

2014/9/25

稲田駅  駅旅

撮影教室から帰ったら、溜まりに溜まっている仕事が気になって、昨日は朝からパソコンの前に。
とはいえ、少しは写真を撮りたいと出かけてみました。
出かけたのは、水戸線の稲田駅。
秋分だったこの日。ちょうど駅脇に咲いていたキクイモの花がいいアクセントとなり、これから迎える秋の「雰囲気」が感じられました。
どんどん写欲が湧く、この時期です。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/9/23

磐梯山と磐越西線  その他の写真

休暇村裏磐梯のふれあい撮影教室も無事に終了しました。
3日間、天候にも恵まれ、いい写真も撮れ、納得の2泊3日でした。
ご参加いただいたみなさまありがとうごございました!
11月には茶臼山高原での同ツアーの講師を担当しますので、ぜひともよろしくお願いいたします。(→参照

そして、今日の写真は、磐梯山をバックに黄金色の田んぼ地帯を走る磐越西線の列車。
美しくそびえる磐梯山の麓は実りの秋を迎え、田んぼが一段と良い色に輝いていました! 撮影教室の帰りに撮った一枚。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/9/22

そば三昧の一日  駅旅

休暇村ふれあい写真教室で福島県喜多方市にてそば三昧の撮影でした。
気象庁の天気予報とは裏腹に、かなりいい天気に!
以前撮影に訪れてお気に入りのそば畑と、山都鉄橋をゆく磐越西線の列車をそば畑と絡めて狙ってみました。
気持ちのよい高原風景になりました。

私が担当する次の休暇村の教室は愛知県の茶臼山にて。
11月26日〜28日にローカル線、下栗の里、香嵐渓の紅葉を狙います。

詳しくはこちらへ→越信行公式ホームページ(駅旅.comへ)
お申し込みはこちらへ→休暇村茶臼山高原のページチェック!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2

2014/9/20

今日のばんえつ物語  その他の写真

SLばんえつ物語の撮影の下見で山都鉄橋に行ってきました。
ちょうど周辺には黄金の田んぼあり、そば畑あり、秋らしい雰囲気満点でした。
後は、明日晴れてくれれば問題なし!
今日は、下見の時に逆光で撮影した1カットです。
煙もいい感じ!
クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/9/20

裏磐梯へ  

本日より、休暇村裏磐梯の自然とのふれあい写真教室が開催します。
黄金色の大地を行くSLの姿が撮りたいのですが...ぜひ晴れてほしいところです。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/9/18

身延線  駅旅

取材の時間がとれたので、一昨日の夜より出かけてきました。
今回訪れたのは身延線。
富士川に沿って、静岡県の富士市と山梨県の甲府を結んでいる路線で、沿線には、身延山のほか、下部温泉、富士宮の浅間神社などのスポットもある路線です。

今回は、黄色く色づいた田んぼとヒガンバナをモチーフに撮影しようと向かいましたが、身延線の沿線は、そもそも田んぼが少なく、ほかのモチーフである富士山もほとんど見られず、富士川は工事だらけの状態。しかも悪いことに、中部横断道の建設まっただ中ということで、至るところに工事現場があって、ダンプがバンバン走る状況です。おまけに、その道路というのは、ちょうど身延線の駅近くを走ることもあり、見るに見かねる景色ばかりでした。
しかもしかも、天気は最悪のくもり。
とりあえず、身延線の37駅中29駅を撮るには撮った感じで終わってしまいました。

写真は、かろうじて撮った「ヒガンバナと田んぼと313系普通電車」と「田んぼ絡みの甲斐岩間駅」です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/16

武蔵野慕情  その他の写真

「武蔵野慕情」というと、歌を思い浮かべる人も多いと思いますが、私自身はその歌は知らないので、その話ではありません。

武蔵野というと、なぜか秋の暮れゆく時間帯を思い浮かべるのですが、武蔵野の雑木林に落ちる秋から冬にかけての影がとても好きだからなのかと思います。それが慕情なのでしょう...。私が連想する武蔵野は、学生時代に通った八王子とか多摩とか、仕事で出かけたことのある保谷とか瑞穂とかなのだと思います。

この、保谷、瑞穂に出かけるのに、当時住んでいた東浦和から武蔵野線をよく利用していました。それもあってか、武蔵野線は懐かしく思う路線なのです。その武蔵野線の撮影に昨日は出かけてきました。
武蔵野線と聞くと、やはり暮れゆく時間帯を連想してしまいます。
そんな武蔵野に対する慕情をイメージして、そして、近い将来この路線から去ることになるであろう205系電車(205系は当時から走る電車です)にも思いを馳せてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、武蔵野線の起点ってどこだか知ってますか...?? なんと鶴見駅。 言われてみればそうなんですが、今日まで知りませんでした! 旅客電車は走っていない...とは言えないんだ...。私自身乗ったことあるし...。

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ