2014/12/30

今日は坂北駅  駅旅

 まだまだ、やるべき仕事が終わらず、ぐだぐだと普通に仕事しています。
 そんな中、今朝は霧が立つだろうと思っていたら予想通りになりそうだったので、午前2時に仕事を一端終わりにして群馬県方面へ出かけてきました。しか〜し、それが裏目。群馬県ではほとんど霧が出ておらず、ただの殺風景な冬景色。
 仕方なく数カット上越線の写真は撮ったものの、徹夜のかいもなく、ただ疲れに行っただけになってしまいました。
 帰ってきてみれば、自宅周辺は昼頃まで霧が出ていて、近くにいた方がきっといい写真が撮れたに違いありません。くうぅぅ(:>0<:)

 しかもしかも、眠気覚ましに苦手なコーヒーを飲んだことで、目は冴えてしまうは、お腹はシクシクと痛むは...ようやく眠くなってきた感じです。

 というわけで、今日の一枚は以前撮影した雪の坂北駅の写真です。しっとりと降る雪が、木造駅舎によく似合います。

 あ、そうそう。キヤノン100〜400ミリの新しいレンズを入手してしまいました!! きゃほぉ〜(<^0^>) 本日は初の実写も! ちなみに抜群の切れ味で、こちらの方はなかなかいい感じでした...


クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 坂北駅  篠ノ井線

2014/12/28

立川駅ノイルミネーション  携帯より

駅前のけやきが輝きを放っていました!
クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/12/27

雪の仁科三湖へ  駅旅

年末の忙しい最中、前々から約束のあったかつての仕事仲間とともに、長野県の仁科三湖へ行ってきました。
雪雪雪...という感じで光の変化もなく、とにかく雪。
光の変化が面白かったのは、本当に最後の方だけでした。

今回の仁科三湖は、来月撮影ツアーで再び訪れるポイントでもあります。
次回はもう少し光の変化があるといいなと期待しています。

写真は、雪だらけの青木湖湖畔の木とようやく光の変化のあった海ノ口駅です。
海ノ口駅は、木崎湖の湖畔に面する小さな駅です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 青木湖 海ノ口駅 

2014/12/24

お買い物!  

 年末だからというわけではありませんが、色々と買い物づいてしまっています。
 とは言っても、お金がいっぱい入ったとかではないので、これから何とかやりくりしてといった感じなのですが...

クリックすると元のサイズで表示します
まず、
 キヤノンEOS 7D MarkUを買ってしまいました...
うん、実に速い。やはり、秒10コマは恐ろしいです。
軽く押して7Dは2カットだったのに、7D MarkUは3カット切れる感じ! 前評判通りこいつは鉄道写真にはもってこいですね!
 といっておきながら、最初の実践投入は、前回書いた朝霧高原での撮影会。ということで、スピードとはまったく関係のない西湖の富士山を...もちろん、風景を撮ってもキレイですよ!
クリックすると元のサイズで表示します

 次ぎに購入したのはプリンター。
 A3ノビプリンターの調子が悪くなり、替え替え時期だとは思っていたのですが...で、悩んでいたのが顔料にするか染料にするか。PX-5VUなる気になる機種も登場してきたので、顔料とも思ったのですが...
 やはり、染料インクの黒の締まりが捨てがたく、プリントにも慣れていることもあり、エプソンEP-4004を購入。クリスピアと使うと、お気に入りの調子に仕上がって、一安心です。
(プリンターを買えると、写真の調子が変わってしまうか心配ですよね...)
クリックすると元のサイズで表示します

 で、実は写真はありませんがもう一つ。
 それがお風呂の給湯器。(とは言っても、まだ買ったわけではなく、この週末に取り付けられる予定)。これ一台でMark Uがもう一台買えてしまうのですが...
 シャワーが使えない状態で、ここのところ追い炊き風呂に入っているといった事情もあり...

 これで、少しは新たな気持ちで新年が迎えられるといいのかな〜と思いながら過ごした祝日です
1
タグ: 7D EP-4004 ガス給湯器

2014/12/22

富士山  その他の写真

朝霧高原・西湖方面へ出向いてきました。
月一で開催している栃木読売フォトクラブの撮影ツアーに講師として同行しました。
幸い晴れたこともあり、富士山も一日中クッキリと見え、時々積もった雪が舞い上がって、山頂付近は白い雪煙がかかっていました。

ちょうど雪煙が上がり、折良く流れてきた雲と絡めて狙った富士山です。

栃木読売フォトクラブの撮影ツアーは、来月も開催予定です。
1月は、長野県白馬方面に向かいます。(予約などはこちらからも可能
地震もありましたが、今、復旧へ向かっているので予定通り撮影に行く予定です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/12/20

新鶴駅  駅旅

今朝は、とても寒かったです。夜寒くて何度か目が覚めてしまいました。我が家では、寝室では暖房器具を一切使用しないで寝ているので、気温低下が直に分かるわけです。今朝は気温を確認しなかったのですが、ここのところ連日5℃を下回っています。(外気温ではなく室内気温がですよ...)
この分だと、今夜はもう一枚かけて寝ないといけないかも知れません。

おかげさまで、冬の北海道のホテルとかで、室内気温が25℃位で薄い布団というパターンがどうにも堪えられません。喉もやられてしまいますし...。
外気温-15℃で室内25℃では気温差40℃ですよ! かえって体を壊しそうです。

といったところで、今日は先日の会津で撮影した雪の新鶴駅の写真です。
明け方はこんなに雪が降っていたんですよ!

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ:  三角屋根 駅舎

2014/12/18

大雪凄いぞ!!  駅旅

この2日間ほど、仕事で会津方面に行っていました。
天気予報では台風並みの低気圧が...ということで、どのくらい雪が降るもんだか心配をしておりましたが、結構な量の雪が降っていました。これでも、そこそこ雪には慣れているつもりではいますが、なかなか過去に数回くらいの降りでした。

雪国では、大雪になると人が一杯出てきます。それは雪かきのため。普段は閑散とした集落でも大雪の日は別。雪国で暮らす方々の大変さが身にしみる光景です。
自身も、昨日買い物をしたホームセンターの駐車場を出る際に車がスタック。たまたま、ホームセンターと言うことで、スコップなどもお借りでき、お店の方にも手伝っていただいて脱出することができました。
今回は、まだまだ冬装備が十分ではない状態だったので(スコップも積み忘れ、ワイパーも雪用に替えていないで...)、きちんとしないと...と反省しているところです。

写真は、磐越西線の広田駅です。
広田駅というと思い出すのが、数年前の年末(記録によると2007年12月31日)に駅舎が火事で焼けてしまったこと。
たまたま、その時会津を訪れていて、会津若松から電車で郡山に出ようとしていたとき、列車が止まり救済バスとやらで郡山まで移動したことがありました。その原因であった広田駅の火災が記憶に残っています。
(会津若松に泊まってもよかったのですが、「救済バスに乗ってみたい!」との妻のばかげた一言。たしかにいつでも乗れる訳ではないのですが...)

たまたまその時も大雪でしたが、列車が遅れたりと今回と似たような雪が降っていたことを思い出しました。

前置きが長くなりましたが、今は、イルミネーションが美しく輝く駅舎に生まれ変わっています。
クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 会津 大雪 広田駅

2014/12/15

黄昏れ時  その他の写真

黄昏時。カシオペアと並びブルートレイン北斗星が待機し、出発を待つ尾久操車場。何線にも分かれた架線のない操車場の線路と遠くに望むスカイツリーが郷愁を誘います。
こうした光景自体も今となっては珍しくなっていて、見られるのも残り僅かになっています。
思えば、貨物ヤードがたくさんあった横浜では、こうした雰囲気をした場所がたくさんありました。自分にとっては原風景になっています。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/12/14

大金駅でお金持ち!?  駅旅

烏山線で走る次世代車輌の一つ、EV-E301系(愛称:アキュム)を撮りに烏山線へ出かけてきました。
電化区間で蓄電池に電気をため、非電化区間では蓄電池のエネルギーで走るという、夢のようなシステムを採用しています。とはいえ風景の中で写真にすると、ヘッドが緑色をしたふつうの列車というだけのこと。でも、架線がないところに普通の電車と同じようなデザインの車輌が走っているようで、滑稽ではあります。
クリックすると元のサイズで表示します

で、駅旅の方は、そのJR烏山線の大金駅を訪ねました。駅前に小さな祠があって、ここをお参りすれば大金持ちになれるのか、なれないのか...。大黒様もお出迎えしてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/12/12

飯田線  その他の写真

ようやく締め切りの山を越えました。毎月のことながら、10日前後は徹夜も含め、なかなか不規則な生活を送ることになるわけですが、昨日は、午後一の打ち合わせが終わった後、3時過ぎから赤羽のおでん屋さんで立ち飲み。1時間くらいで切り上げましたが、前日からほとんど寝ていなかったこともあり、その後は、電車の中でぐっすりモードでした。家に着いてもほとんど仕事に手がつけられず、その分、今朝は5時起きで仕事状態です。

さて、今日の一枚は飯田線の写真。かなり日も落ちた中で撮影したものですが、車内のライトが煌々として、映り込みも含め、印象的になってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します


0
タグ: 飯田線 天竜川 鉄橋



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ