2015/3/15

武州唐沢駅  駅旅

埼玉県の越生といえば、梅林で有名ですが、その越生と東武東上線とを結ぶ東武越生線の途中に、梅林に囲まれたような武州唐沢駅はあります。
ホームの目の前も、駅から出たすぐのところにも梅林があり、今日あたりはちょうど見ごろでした。
そんな梅林とともにカーブしたホームを狙ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2015/3/15

さようなら・・・  駅旅

去りゆく鉄道を愛でることはあまりないのですが、この春の鉄道の動きは、今までにないもので、一つの時代が終わったのかと思わせるような、大きな出来事だったような気がします。
寂しいとかいうより、あまりにも大きな変革ゆえ、鉄道の行く末が心配にすらなります。

ということで、最後の記念の写真館です。

クリックすると元のサイズで表示します
特急「北越」...
金沢駅と新潟駅を結んできた特急列車は46年の歴史に幕を下ろしたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
北陸本線といえば、北越と並んで廃止されたのがこの特急「はくたか」。
越後湯沢駅から金沢駅まで(一部和倉温泉駅・福井駅まで)をバイパス的に結んでいた列車です。
681系の先頭の赤い色が印象的でした...。

クリックすると元のサイズで表示します
北陸本線では、普通電車として運用されていた475系も消滅しました。
急行用の車両として登場し、日本全国、電化区間の急行といえばこの形式というくらい、日本中を走っていました。小学生のころ、最初に買ったNゲージは、この475系でした。
その昔は、東北本線の黒磯以北や磐越西線などでも走っていて、2ドアで、ボックス席がずらり並んだ車内が圧巻でした。

クリックすると元のサイズで表示します
北海道でもこの春に引退した車両があります。
北海道の近郊型電車として初めて導入されたのが、この711系。
「赤い電車」で親しまれ、この時代にクーラーもないという、チョウ貴重な電車でした。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、駅も。
JR只見線の柿ノ木駅。
前にもこの写真は紹介しましたが、それが約2年前。その後臨時駅に降格し、この春廃止となりました。

「時代が古い」とかで片づけられてしまいますが、経済的なことを理由にしたエゴを感じずにはいられません。
1
タグ: 475系 711系 柿ノ木駅



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ