2016/3/30

森小路駅  駅旅

毎月の繁忙モードに突入するので、今日からは先だっての京阪の駅旅から。
3734駅目は森小路駅です。特に変わったところもなく、住宅地の中にある小さな駅といった感じです。
ですが、ホームから京橋方向を見ると、これが圧巻。長い直線の複々線で、行き交う電車が見られるばかりか、隣の関目駅、そのまた隣の野江駅まで見渡せるのだから圧巻です。マイクロフォーサーズで300ミリクラスのレンズで撮影。圧縮効果もあり、かなり迫った感じに見えますが、距離はそこそこ離れています。カゲロウで列車もはっきり写りませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
住宅地の中にある小さな駅舎

クリックすると元のサイズで表示します
関目駅、野江駅が見える複々線直線区間は圧巻です。
0

2016/3/29

東急8500系  

小金井駅の薄墨桜、昼間のバージョンです! 見事な満開状態で、ひとときの癒しを楽しんでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、昨日は読売カルチャー大森の鉄道写真講座の実習で堀切周辺に。線路脇で花開いていたナノハナと列車を絡めて撮影してきました。東武伊勢崎線(スカイツリーライン)を行く東急の8500系。
クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、この8500系は1970年代に誕生の古参車両。斬新で洗練されたデザインで鉄道のローレル賞を1976年に受賞しています。それだけに、ナノハナとの組み合わせ写真もスマートで美しい感じがします。
堀切に行くときにその85000系に乗ったのですが、さすがに1970年代の車両、扇風機はまだ天井にむき出し状態。懐かしさを覚えてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/3/28

地域格差が心配だ〜  駅旅

JRグループのダイヤ改正が行われ、ついに北海道新幹線も開業しました。
新幹線の開業で沸く地域もあれば、逆に疲弊する地域があるのも事実。恐らくは、新幹線が開業してもその中間駅であれば、その効果は期待していいものか疑問に思います。むしろ、開業に伴って失ったものの方が大きいのではないでしょうか...。
新幹線以外の北海道の鉄道は惨憺たる有様になりました。
札沼線の浦臼〜新十津川間はついに1日1往復に...つまり、この間の5駅は勝手に秘境駅にさせられてしまったわけです。(そして、いずれは廃止に追い込まれるのでしょう)
そして、この冬訪れた根室本線の末端では、列車の本数が激減。写真の根室本線の列車も、以前は最終0時過ぎ着の便もありましたが、今回の改正では21時台着が最終に。
地方都市と大都市の格差はますます広がるばかりではないのでしょうか...。心配する声もあちらこちらから上がっているようです。


根室駅に到着する下り普通列車。
クリックすると元のサイズで表示します

一方で、嬉しいニュースも。
約6年半の間不通になっていたJR名松線の末端部分が復旧することになったのです! 住民運動によって廃止に反対する署名は11万にも達したそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000045-asahi-soci
この区間にも旅に出かけたいものです!

最寄りの小金井駅の薄墨桜が満開になりました! 街灯に照らされて、夜空に美しい輝きを放っています。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/3/26

銚子電鉄!新型車両  駅旅

今日は、読売旅行宇都宮営業所の銚子電鉄ツアーでした。
下見に来た日がデハ1001の引退式なら、今日は新型車両の3000形デビューの日でした。

今日、デビューした3000形と共に色とりどりの車両達を撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

君ヶ浜駅ではこの駅の主とも言える「キミちゃん」に会ってきました!
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/3/26

旧白滝駅  駅旅

石北本線の旧白滝駅が昨日廃止されました。
おおよそ68年。晩年には、この駅から道立遠軽高校に通うたった1人の女子高生が話題となりましたが、その女子高生が卒業するのと同時に廃止になったわけです。
記憶だけでも「旧白滝駅よ永遠たれ!」そう叫んでみたくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/3/25

モクレン咲く野江駅  駅旅

京阪本線と中之島線が本当の意味で合流する京橋駅。その京橋駅を出て最初に着くのが野江駅です。
野江駅は、駅を降りるとすぐに商店街があり、その街路樹としてモクレンが植えられていました。ちょうど花期と重なったので、青空に映えるモクレンを撮りつつ、背後に野江駅を入れることができました。
そして、京阪本線の比較的小さな駅でよく目にしたのが、アーチ型をした階段やコンコース。よくよく見てみると、どこか昭和な香りがする、懐かしさを覚える構造です。
そんなことを感じつつ、次の駅へと向かいました・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
野江駅前の商店街ではハクモクレンがいい香りを漂わせていました。


クリックすると元のサイズで表示します
アーチ型をした内部を見ると、どこか懐かしさを覚えます

0

2016/3/24

小金井駅  駅旅

自宅最寄り駅の桜が開花しました!!
種類が薄墨桜なのでソメイヨシノより先に開花するのですが、この桜が開花する頃
全国から桜の便りが届き始める時期と重なっているので、自分にとっての標準木なわけです!
今年は春が早そうですねぇ〜

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/3/22

京阪線と歴史的建造物  駅旅

SmartAccessお出かけマガジンの最新号が配信されました! カメラを積んで出かけようでは、桜のシーズンを前に名所でなくてもキレイに見える桜写真の撮り方を解説してみました。ぜひクリックを!

今回の大阪取材では、大手私鉄の一つである京阪電鉄本線の全駅を制覇することを一つの目標として掲げてみましたが、先日このブログで書いたとおり、7つほど制覇(とりあえず、交野線と宇治線は全駅制覇!)することができませんでした。
これは次回の課題ですね...京津線と石山寺線もまだなので、次回はこちらも併せて...

で、今日の駅旅写真は3728駅目の北浜駅と3729駅目のなにわ橋駅です。ほとんど離れていないところにあるこの2駅ですが、それぞれ、駅の近くに歴史的な建造物があるのが特徴です。
北浜駅は大阪証券取引所が、なにわ橋駅は大阪市中央公会堂が近くに見えます。いずれも地下駅のため、駅との絡みはほとんどできませんが、こんな風景も残しておきたいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
大阪証券取引所のすぐ脇に京阪電鉄の大きな看板が。

クリックすると元のサイズで表示します
なにわ橋駅の出口から望む大阪市中央公会堂。

クリックすると元のサイズで表示します
もっと近くにも出口はあるのですが、出口の方が公会堂向きのため、なんだかよく分からない写真にしかならなくて残念。

0

2016/3/21

2つの吹田駅  駅旅

この4日間ほど大阪へ出かけてきました。いくつか野暮用があり、それをこなしつつの旅。昨日は、家に帰ってきて溜まっていた雑務をこなしているうちに夜になり、夕食後そのまま就寝してしまい...。

さて、大阪では、谷町に泊まろうと思っていたのですが、ごちゃごちゃした大阪駅→東梅田駅の乗り換えを避けたかったので、あえて新大阪から吹田へ出て阪急千里線、地下鉄堺筋線というルートをとりました。
(ただ、新たな駅に行きたかっただけという話もありますが...)
ということで、今日は吹田駅の写真です。
吹田駅はJRと阪急の二つの駅があるのですが、それぞれが少し離れていて、同じ名前にもかかわらず、乗換駅といった感じはありません。おまけに、吹田駅は吹田市にあるので、大阪市内行きの切符では、精算の必要があるということを考えずにいました...。しかも阪急線の方は列車が詰まってしまうので名高い淡路駅を通ったので、やたらと時間だけがかかった印象です。と、どうでもよいネタはそれくらいにして写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
味家のない近代的な駅舎のJR吹田駅。とりあえず撮っただけ。

クリックすると元のサイズで表示します
一方で、少しひと昔前風の阪急線の吹田駅。でも、実は、写真に写る建物は、駅前にある喫茶店で、駅舎ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
中にはいると、昭和な空間がそこには残っていました。
0
タグ: 吹田駅 JR 阪急

2016/3/20

能勢電鉄  駅旅

能勢電鉄は、兵庫県川西市を起点に川西市の山沿いのニュータウンと大阪府の北部能勢町を結ぶ鉄道。昨日は、その能勢電鉄の各駅を訪れてきました。
平地では徐々に春めいているものの、能勢電鉄が走る山沿いは、まだまだ春には早い感じでした。平地に近い絹延橋駅で一足早いナノハナがお目見え。一方の山沿いの笹部駅ではホーム脇の紅梅がようやく満開といった感じでした。やはり、標高が2〜300メートル違うと、ちょっと空気感が違うみたいです。
ちなみに能勢電鉄は、緩やかな山の斜面をカーブしながら登っていきます。その終点にある能勢町は、大阪府とは思えないような里山とニュータウンが隣り合う町です。大坂の梅田から約50分。終電はおおよそ0時なのに周辺は長閑な里山。しかも日中は電車が10分おきと言うから驚きです。(東京で言うと、檜原村に多摩ニュータウンがあって小田急や京王が走っているような感じ)

棚田があるその脇を能勢電鉄が走り、そのすぐ脇にはニュータウンがある。ちょっと、不思議な空間が広がっていました。

絹延橋の菜の花畑...絵的には...
クリックすると元のサイズで表示します

笹部駅のホーム脇では紅梅が見頃に...
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ