2016/4/30

花が綺麗!  駅旅

吉都線が走る一帯は、火山地帯。新燃岳や韓国岳などいわゆる霧島連峰と呼ばれる一帯を走っています。当然、沿線の人口はさほど多くはなく、のどかな田園地帯が広がっています。そんな霧島連峰の麓にある高崎町(現在は都城市に吸収合併されています)は「星が日本一キレイに見える町」をうたっていて、ふるさと創生事業で天文台を作ってしまいったそうです。ここに天文台があって、どのくらいの人が利用するのでしょう??などと疑問がわいてきますが、そんな高崎町の中心にあるのが、高崎新田駅です。
コンクリート造の平屋建ての駅舎は現在は無人駅。駅前に団地があるものの、ほとんど人のいない、さみしい感じの駅でした。
そんなさみしい駅の脇で、ハナダイコンの花だけはキレイに咲き誇っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/4/28

まんがつか  駅旅

吉都線の読みは「きっと」せん。なんだかお菓子の「キットカット」を連想してしまうんですが、その吉都線の駅にはギャグで付けたのかと思える駅名もあるんです。それが万ヶ塚駅。「まんがつか」とよむのですが、確かに読めなくはないですが、ギャグで付けたようにも思えてしまいます。
近くの早馬神社というところにはその歴史が書いてありましたが、戦後にこの周辺に作られた集落を「万ヶ塚」と読んだ位のことしか書いてありません。
ともあれ、駅前にある植え込みではシバザクラが咲いていたので、それを前ボケに駅を撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/4/27

カナリーヤシな都城駅  駅旅

ここのところのお出かけモードからパソコンにらめっこモードに突入して、この2日間ほどは、移動時間以外は外に出ずの生活になっています。なんだか極端ですよね...これも今の時代だからこそなのでしょうか。

さて、南九州の駅旅の方は霧島から一端宮崎県に戻り、吉都線へ。吉都線の起点になっているのが都城駅です。吉松駅の「吉」と都城駅の「都」を合わせて吉都線です。
この日は、前日までの雨のおかげで、朝霧が発生。都城駅も霧に包まれていました。そして、やはり宮崎県の駅。駅前にはやはりヤシが植えられているのでした。かなり立派なカナリーヤシと思われる個体が数本植えられ、その周りで植え込みで咲くクルメツツジのピンクの花が彩りを添えていました。
それにしても桜の撮影に来たはずなのに、宮崎県ではあまりサクラを見ませんね...。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/4/26

パワースポット  駅旅

今日の駅旅写真は、3810駅目の霧島神宮駅。パワースポットとして名高い霧島神宮の近く(といっても少し離れていますが)にある駅。
駅舎は、その神社を模した駅で、背後にはとてもご立派なヤマザクラがキレイな色の花を咲かせていました。
私自身は、あまり霊感なるものは信じない上に、まったく感じないのですが、実際に霧島神宮を訪れてみると、その荘厳さには圧倒されます。なんと言っても山深い場所でこれだけの信仰を集める場所ですから、当然といえば当然ですが、神聖さという点でも日本を代表するといってもいいのかとは思いました。(訪れたのはもう10年近く前ですが...)
とはいえ、今時は駅で降りて神社を訪れる人はほとんどなく、どちらかというえば、周辺の集落に住む高校生たちが通学で利用する感じの駅でした。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/4/25

群馬県にて  駅旅

すっかり春めいて、既に初夏っぽくなってきましたが、そんな中、二日間連続で群馬県にて撮影会・写真教室の講師を務めてきました。
まずは、参加いただいたみなさまありがとうございました。
そして、準備いただいたスタッフのみなさまにも感謝感謝です。

二日間とも天候は晴れ。はじめの予報の「曇り」は払拭され、気持ちのいい撮影会になったのは幸いでした。残念ながら例年だと満開を迎える桜は、今年は早めに満開を迎えてしまい葉桜となっていましたが、遅咲きのヤマザクラやヤエザクラは最盛期で、桜撮影も結構楽しめました。

23日は、みなかみ町にてSL撮影会でした。みなかみ町体験旅行主催で、利根路を行くSLを撮るという撮影ツアー。利根川沿いは目映いばかりの新緑。その中をSLレトロみなかみが瀑煙&瀑音とともに疾走していきました。

24日は、沼田市での写真教室。私が所属する日本旅行写真家協会で行っている事業の一環として、沼田市民を対象とした写真教室が開催されました。こちらは、沼田市を代表する被写体でもある上発知のシダレザクラ等を狙いそれをプリントして講評までしてしまおう...といったもの。少し、盛りは過ぎていましたが、お目当ての桜は拝めたうえ、水芭蕉の群生の撮影もでき、充実した教室になりました。

また、近いうちに撮影会などができるよう、企画をしていきたいと思っています。お楽しみに!!

クリックすると元のサイズで表示します
緑萌ゆる利根川の谷を疾走するSL。


クリックすると元のサイズで表示します
水上駅にて休憩中。

クリックすると元のサイズで表示します
上発知のサクラはギリギリ残っていました。
1

2016/4/23

色とりどり  駅旅

駅前にある花を求めて、山梨県の方へ車を走らせてきました。圏央道が繋がったおかげで、自宅から相模湖まで約2時間。そこからは一般道をたらたらと中央本線沿いに西へ。あちらこちらと撮影しながらたどり着いた駅は、勝沼ぶどう郷駅でした。
近くにぶどうの丘というワイナリーのような施設があるこの一帯は、駅名からも分かるようにブドウの山地であり、ワイナリーが点在する町になっています。
恐らく、富士山からの火山堆積物からなる地形のおかげなのか、水はけがよく、ブドウ栽培には適しているのでしょう。
勝沼ぶどう郷駅は桜がたくさん植えられていて、かなり見事なもの。これは、来年の宿題としてぜひともクリアーしたいところですが、今日の所は植え込みで咲き誇るビオラを前ボケにして西洋風の駅舎をメルヘンにアレンジしてみました。

色とりどりというかカラフルな植え込みの花に囲まれて、洋風な駅舎が目を引きます。
クリックすると元のサイズで表示します

明日(もう本日ですが)は、みなかみ町体験旅行主催のSL撮影ツアーです。
後は、天気になることを祈るばかりです。
1

2016/4/21

ド派手で立派な駅舎の無人駅  駅旅

日豊本線の都城駅を過ぎ都会な雰囲気なのは五十市駅位まで。そして、五十市駅を過ぎると宮崎県からいよいよ鹿児島県に入ります。(宮崎県へは再び戻るとして...)
その鹿児島県に入って最初の駅が、ド派手なピンク〜オレンジ屋根の駅舎の財部駅(「たからべ」と読みます)です。3806駅目として訪問しました。旧曽於郡財部町の中心にある駅ですが、現在の曽於市の中心部は駅からかなり離れていて、とても中心とは呼べません。
この一帯も乗降客が少ないこともあり、無人駅ばかり。老朽化した無人駅は、建て替え時に小さな簡素な駅舎になることがほとんどですが、財部駅は曽於市の施設を兼ねる形で建て替えが行われ、現在のような立派な駅舎の無人駅となったようです。町の施設を兼ねるのはいいことかも知れません。

駅前の商店街と駅前の丸い赤ポストがレトロ感を醸し出していました...。
クリックすると元のサイズで表示します

五十市駅ではナノハナが咲き誇っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/4/20

やっぱりわからない椰子の種類  駅旅

今日は、日豊線の駅旅の続きです!
日豊本線は青井岳駅を過ぎると峠越えをして都城盆地に入ります。その入口になるのが山之口駅です。旧山之口町の中心でしたが、2006年に都城市の一部となり、現在は町の中心というより、町外れにある無人駅といった印象が強いです。
この駅にも例の椰子の木が2本あります。おそらく、ワシントンヤシと思われます。南宮崎駅のかなり高いものとは異なり、どちらかというと高さも低く地味な感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/4/19

鮎っ子頑張れ!  その他の写真

小田急小田原線のビュースポット、酒匂川橋梁まで撮影に行ってきました! この場所は富士山が見られるという有名な場所とあって、多くのカメラマンが来る場所になっています。今回は、撮影指導も兼ねての訪問でしたが、最初はあいにくの天候で、富士山は望めずでした。しかし、天候的には夕方くらいから富士山が見えそうな感じ。夕暮れまで粘っていたらとても素敵な富士山を望むことができました!!

クリックすると元のサイズで表示します
最初は富士山が見えなかったので、川面のキラメキと一緒に小田急線を撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
夕暮れ間際に夕焼けに映える富士山が撮れました!!

ところで、この酒匂川橋梁のすぐ真下に堰があり、そこでうごめく生物を発見。確認してみると、それは稚鮎でした。たかが1メートルくらいの堰とはいえ、形が悪いのか一匹たりとも登ることができません。我々が撮影している間にもかなりの人数の方がその様子を撮影していました。
人間はこれで大丈夫と思っているのでしょうが、実際の生きものの世界では、大きなハードルになっているようです。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/4/18

九州は山深い  駅旅

2日ぶりの更新。今日の駅旅は、日豊本線の駅旅です。今回は、先日の宮崎駅を起点に日豊本線、吉都線を巡る駅旅です。
九州地方は、今、何かと心配されている阿蘇山に代表されるように、火山の多地方です。それだけ、山深い地域が多く、少し列車に乗るだけで、かなり山深い山村になっていきます。
日豊本線も宮崎を出ると直ぐに山間区間に入り、今日紹介している日向沓掛駅、青井岳駅と、かなり山奥な印象です。宮崎から4つめ、6つめの駅でこんなのどかな風景が見られます。
都会に暮らす人間にはかなりうらやましい気持ちになりますが、その分、大変なこともあるんでしょうね...

クリックすると元のサイズで表示します
ホームの先に山並みが望める日向沓掛駅。駅前に少し住宅はあるものの、閑静な雰囲気に包まれています。

クリックすると元のサイズで表示します
SL時代は難所だったこともあり、いろいろな施設があったのであろう青井岳駅。今は、ほとんど人が乗り降りしない駅を列車は静かに出発していきました。


一昨日、昨日と、神奈川県松田町と会津地方に出かけてきました。かなりハードなスケジュールだったこともあり、ブログアップもしないまま寝てしまいました。昨日に至っては21時に寝て、途中何度か起きたものの起床時間は9時。12時間も寝てしまいました...。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ