2016/5/31

ウツギの花がいっぱいでも  駅旅

春のサクラが終わった頃に白い花を咲かせるウツギ。我が家の庭にも1本植わっているのですが、だいぶ前に何処ぞやで頂いてきた内の一本が枯れずに残り、あまり大きくはならないものの毎年花を咲かせています。
そのウツギですが、駅に植わっているという記憶は少ないのですが、IGRいわて銀河鉄道の巣子駅前には、見事なまでのウツギの花が白い花を咲かせています。ということで今日の駅旅写真は、巣子駅です。
巣子駅は、東北新幹線の八戸開業時に設立された第3セクターのいわて銀河鉄道線の開業によりできた新駅で、周辺はニュータウンが造成されています。いわば新たな街の顔的な存在な訳です。
いずれ、20年、30年と愛され続けると、このウツギたちも街のシンボルとして人々の思い出に刻まれるものになるのでしょうかね・・・

ウツギがキレイな巣子駅。残念なのは、ここの駅でも幅をきかせる赤いコカコーラの自販機とバス乗り場の屋根。それと、真ん中の街灯の棒。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/5/30

東大更駅  駅旅

そろそろ田植えも終わり、稲がすくすくと育ちはじめるこの季節。水が張られた田んぼはとても美しく、私にとって好きな被写体の一つです。
最近は、米を食べる日本人の減少によって、田んぼから麦へと転作する農家も多いのが現実です。現に地元の小山市では、この時期の水を張った田んぼというより麦秋と呼ばれるように麦の黄色い穂が目立ちます。(ちなみに小山市はビール麦の生産量が全国一なんだとか)
その点、東北地方にはまだまだ米を生産している田んぼが多く、日本の初夏らしい光景が広がっています。今月の駅旅は、そんな北東北の田園地帯への旅です。
今日の一枚は3886駅目の東大更駅です。ホームの眼前に奥羽山脈の一端をになう岩手山を望み、水を張った田んぼにその美しい姿を映していました。

クリックすると元のサイズで表示します
東大更駅のホームの先には夕焼けに染まる岩手山。日本の初夏の原風景がそこにあります。

0

2016/5/28

武州日野駅とレンギョウ  駅旅

秩父鉄道の武州日野駅は、サクラで有名な駅ですが。駅舎との絡みはいまいち。それは、せっかくのいいところにコカコーラの自販機があるから。
その点、ホーム脇のレンギョウは、ホームとの絡みも良く、むしろこちらのほうが好きな感じ。
やはり写真は見てくれが大事なのでしょうか...

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/5/27

巣作り真っ最中  自然観察

なんだかんだとまたまた忙しい時期に入ってきました。
昨日は、写真展を2本見た後、さまざまな所にメールで手配をしていたら、あっという間に22時。それから家に帰ってどうにか日が変わらない位にたどり着き、5時には起きて仕事中です。

さて、今日の写真はキツツキの写真。コゲラです。
キツツキの仲間でも比較的都会でも見られる身近なコゲラですが、木をつついて餌を採っているところは見かけますが、巣作りとなると見たことはありませんでした。
先日、戸隠に行った際に、一生懸命に巣作りをしているコゲラを観察することができました。
小さい体なのに、それ以上に大きな穴を枯れ木とはいえ空けてしまうのですから、たいしたものです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/5/26

バラとのコラボ  駅旅

町屋は荒川区の中心的な商業地。というのも、この町屋には3つの路線が乗り入れているから、当然発展してきたという訳なのでしょう。(といっても、そんなにでかくはないですが...)
この乗り換え口付近にも、都電荒川線に植栽されているバラがあり、各路線の駅とのコラボレーションが見られます。
3駅のバラとの共演です!

クリックすると元のサイズで表示します
まずは本家本元の都電荒川線町屋駅前駅。駅前だけではなく、ホームに沿ってサクラとも美しい雰囲気を見せてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
続いては京成町屋駅。高架になっていて、この駅のホームからの都電の風景も絵になるそうです。駅前は看板が多いので、何とかよけつつ撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
最後は東京メトロ千代田線町屋駅。よく見ないと駅だと分からないような感じです。
0

2016/5/24

ば〜らが咲いた♪  駅旅

大森カルチャーセンターの鉄道のある風景講座の撮影実習で都電荒川線に行ってきました。
荒川区の都電荒川線の沿線は、この時期バラが咲いています。荒川区がこの沿線にバラの植栽事業を行っていて、そのバラが見頃を迎えているのです。
荒川区はとかく目立たないというか、23区の中ではどちらかというと忘れ去られ気味の存在です。ですが、その荒川区は下町情緒が残り、昭和な感じの町並みや人情が根付いている地域だと感じています。その中を昔ながらの路面電車が行く風景は、情感を誘います。
しかも、都電荒川線の1日フリーきっぷは400円。1回あたり170円の運賃ですから、3回乗れば元が取れる。こうしたところも、地域の人々と密接にかかわっている公共交通のあり方として見逃すわけにはいきません。
ということで、今日は都電荒川線ギャラリーです。

クリックすると元のサイズで表示します
レトロ調の路面電車を流し撮り!(道路の白線標示が映ってしまいましたが...)

クリックすると元のサイズで表示します
荒川一中前駅ですれ違う列車をバラを前景に撮影してみました!
0

2016/5/23

ナシ繋がり  駅旅

月一の読売旅行の撮影ツアーへ行って参りました。
今月は戸隠高原。新緑がちょうどよい頃かと選んでは見たものの、今年は新緑の進みも早いようで、ギリギリ新緑といった感じでした。
水芭蕉は時既に遅し。その代わり、ズミの花が沼の周りで咲き誇っていました。

ズミ=コナシ≒ヤマナシ(ナシが一緒なだけで正式には別種のようですが)。
ヤマナシ=山梨市駅ということで、先月訪れた山梨市駅にはしっかりとというかだじゃれでヤマナシが咲いていました!


クリックすると元のサイズで表示します
戸隠高原小鳥ヶ池のズミ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは山梨市駅前で咲くヤマナシ。
0

2016/5/21

緑映える波久礼駅  駅旅

ここ数日の寝不足がたたり、昨晩は埼京線で寝過ごし。大宮に着いた時には時既に遅し。宇都宮線の終電は発車してしまい、大宮駅で一晩明かすはめになってしまいました。
そして、朝電車に乗ったはいいものの、大宮宇都宮間を1往復半した後、ようやく小金井駅に到着する始末。寝不足はさらなる寝不足&寝過ごしを生む原因であることを強く反省した土曜日でした。

ということで、気を取り直して、本日の駅旅写真です。3828駅目の秩父鉄道波久礼駅です。
最近、グリーンのラインが入った秩父鉄道の電車と新緑の緑がとてもマッチしていました。ホームにある木造の古い屋根がレトロ感を漂わせています。
この駅の近くを流れる荒川は玉淀湖になっていて、ちょうど車窓から見えるその景色は秩父鉄道のハイライトの一つです。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/5/21

583系と出会いました!  携帯より

大宮で夜明かししていたらゆうづるで使われていた583系と遭遇しましたぁ!!なんたる偶然!!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/5/21

大宮駅  携帯より

諸般の事情により寝過ごしました大宮駅に朝がやって来ましたぁ♪カラスも泣いております…私は写メ中♪(∋_∈)!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ