2016/8/6

山間を走るわたらせ渓谷線  駅旅

月例の雑誌の仕事に加え、今月はムックの改訂版の作業もあり、連日バタバタしています。といいながら、昨日はそのムック用の作例撮りも含め、わたらせ渓谷鉄道へ夕方出かけてきました。
渡良瀬川沿いを縫うように走るわたらせ渓谷線。雰囲気的には山間といった雰囲気が似合うだろうと探していると、小中駅を望む絶景ポイントが...。
望むといっても、ホームだけの小さな駅で、周囲を住宅にかっ込まれているため、分かりにくいですが、発車するときの排気ガスが出ている以外、駅の存在はほぼ確認できません。(列車の右側の明かりが住宅の明かりで、その家の植え込みに隠れてしまっている感じ)
夕方の暗い谷間の方が何となく雰囲気が出るのかと、狙ったカットです。

クリックすると元のサイズで表示します
小さな小さな小中駅。この絵柄からは確認すらできません。

クリックすると元のサイズで表示します
春になるとサクラが花を咲かせます。ホームに待合室だけの小さな駅です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ