2016/9/28

はじめてみたぞ  携帯より

この得体の知れない生き物はナニモノ?

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/28

小梨駅  駅旅

ここ1週間ほど、だらだらと生活をしていたら、いつの間にかまた仕事が溜まりはじめていることに気づき、少し焦りモードに入ってきています。
だらだらとしていたと行っても、あっちこっちと出かけていたので、移動時間に追われてしまって...といった感じで、寝不足もあって、昨日、今日と10時過ぎまで寝てしまっている状態です。
そろそろ気合い入れていこうと思います!

今日の駅旅写真は大船渡線の小梨駅です。
以前は木造の雰囲気のある駅舎があったそうですが、10年ほど前に建て替えがあり、現在は黄色い壁のこぎれいな駅舎がポツンと建っています。

小梨はここから2〜3キロほど離れた集落の名前らしく、駅前は国道が走っているくらいでこれといった名所も施設も何もありません。

とりあえず、駅前にある自動車整備工場か何かの花壇らしきを前ボケにして駅舎を狙ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/9/26

武蔵野ドリーミー  その他の写真

今日は武蔵野線の撮影に21世紀の森にやってきました!
武蔵野線を利用するときにいつも気になっていた場所の一つ。少し壁があって、完璧に列車が見える場所ではないのですが、秋らしい雰囲気と絡めながら撮影するには十分な場所です。

昆虫(主にバッタ)のすみかということで、刈らずに残してある草むらのチカラシバを前景にしてみました...逆行に輝いていい雰囲気です。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/26

黒姫高原  その他の写真

読売旅行宇都宮営業所取材のよみうり写真同好会の月一撮影ツアーで長野県の黒姫高原へ。コスモス・ダリア園にて高原を彩る秋の花畑の撮影をしてきました。
色々なところでコスモス畑がありますが、やはり、起伏や木立があると絵にしやすいですね。
花の写真は結構好きなので、たっぷり楽しめました。

2016年ツアーはこれで最後。来年度2017年ツアーも新たに募集することになり、引き続き講師を務めることとなりました。詳細は後日お知らせします。栃木県外からの参加(集合は栃木県内になりますが)も可能ですので、興味のある方はぜひご参加下さい。

そんなわけで、昨日は長野まで日帰り。加えて先週の東北取材の大きな気温変化のため、喘息気味な感じです。
昨日は寝不足気味で出かけたので、昨夜はかなりの爆睡をしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
霧がかかる山をバックに咲くダリア

クリックすると元のサイズで表示します
色とりどりのコスモスが木立に映えます。
0

2016/9/24

千厩駅  駅旅

山間のローカル線では、みどりの窓口がない駅も多い中、大船渡線の千厩駅にはそれがあるほど、大船渡線では利用客も多い駅です。
一ノ関駅と気仙沼駅のほぼ中間。猊鼻渓を過ぎた路線が一度南下をして、大きく東へと進路を変えるのがこの辺り。

比較的利用客が多いこともあり、駅前のロータリーには3台ほどタクシーがいてなかなか絵になりません。そこはよけて、広角レンズで駅に近づいて撮影。駅前のシンボルツリーのサクラも入れて撮ってみました。もう少し何かワンポイントがほしいところですが...

ここ数日、東北方面に撮影に出てきましたが、気温が11℃というところもあり、少し焦ってしまいました。(1枚パーカーを持って行っていたのは正解でした)

明日は、長野県の黒姫高原まで出かけるので、今宵はこの辺にて。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/23

大船渡線  その他の写真

岩手県の沿岸部と内陸部を結ぶ路線は3つあります。

一つは一番北の山田線。盛岡と宮古を結んでいますが、現在台風と土砂災害の影響でほとんどの区間が運休。(しかも、沿岸部の宮古〜釜石間は完全に不通のまま)

もう一つは釜石線。花巻と釜石を結んでいて、本数も多く、しかも途中には民話のふるさととでもある釜石もあります。

そして、最後の一つが大船渡線。一ノ関と気仙沼を結んでいます。(気仙沼から先の盛駅までの区間が津波の影響で不通に。一部区間でBRTによる運行が行われています)

この3つの路線とも沿岸部から岩手県の内陸部へと高度を上げていくのですが、そんな雰囲気が一番感じられるのがこの大船渡線です(ちなみに釜石線、山田線はかなり山深い峠越え状態...で、トンネルばかりなんです)。新月駅を出ると折壁駅に向かって徐々に高度が増してきます。そんな雰囲気が感じられる写真を撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 大船渡線 折壁 新月

2016/9/22

上鹿折駅  駅旅

東日本大震災で不通となった大船渡線。気仙沼駅から先はBRTによる運行になっています。
現在は、線路もコンクリートで舗装されバスが走っているのですが、この上鹿折駅だけはそのBRTすら運行されず、5年もの間公共交通がない状態です。
現在、線路は草が覆い、駅舎も板で囲まれてしまい、「休止中」の案内だけがこの駅が存在しつつづけていることを知らせていました。

いつの日か、この線路に鉄道が復旧することはあるのでしょうか・・・その日を願って止みません。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 大船渡線 BRT 休止中

2016/9/20

妖艶なホーム  駅旅

京浜工業地帯の一角にある花月園前駅。その昔は競輪場があり、その名残で花月園前という駅名。その花月園前駅のホームのライトは紫色の妖艶なライトなのです。
その妖艶な色をしたホームに京浜急行の新1000系がやって来ました。その赤い車体と紫色のライトが相まって、さらに妖艶に。
なんだか不思議とそそられる写真に仕上がりました。

台風は去ったようで、外も静かになってきました。
しかし、この台風のためか急に気温が下がったため、少し体調を崩してしまったようです。
毎年秋の初めくらいに体調崩すのが常。今年は、家なり夏場に走り込みをしたので大丈夫かと思ったのですが、やはりダメでした。
とにかく異常とも言うべき低体温を克服しないといけないのかも知れません。
さっき測ったら35.1℃。あまりの低さに妻に笑われてしまいました...。
(普段から平熱は35℃前半なんです...)
妖艶に燃える京急の車両のようにもっと熱くならなくては...

クリックすると元のサイズで表示します
妖艶に燃える京急の車両のようにもっと熱くならなくては...
0

2016/9/19

ホシホウジャクを撮ってみた  自然観察

本当であれば、岩手県の宮古での写真教室に出かける日ですが、残念ながら催行されなかったため、家にいる次第です。

今日は、あいにくの雨。天気がよければ撮影に出向いてもよかったのですが、あえて出かけずにのんびり仕事をすることにしました。

とはいえ、じっとはしていられない性分で、カメラを持ち出し、自宅の庭へ。我が家の庭は、どちらかというと手入れが行き届いていない庭のため、自然な状態で植物が育ち、自然と色々な生きものたちがやっています。

そうそう、行き届いていないのでヘクソカズラが蔓延っていたりして、そのヘクソカズラで育つホウジャク(スズメガの仲間)が生息。そして、雑草のごとく生えてくるブルーセージの花の蜜を吸いにやって来ます。ということで、今日は、そのホウジャクを撮影してみました。

ホウジャクといっても、何種類かいるようで、我が家にやって来ているのはホシホウジャクという種類のようです。

スズメガの特徴は、流線型をした飛行機のような体型に付いた羽を高速で動かし、小さい体ながら時速50kmくらいのスピードで飛行することが可能なんだとか。飛ぶ姿はまるで鳥のようですし、ホバリングしながら蜜を吸う姿はハチドリさながら。
そんなイメージで撮影してみました。

それにしても、本当にすばしっこい...

クリックすると元のサイズで表示します
空中でホバリングしながらブルーセージの蜜を吸っています!


クリックすると元のサイズで表示します
ホウジャクとは全然関係ないんですが、我が家の庭で今年植えたばかりのスイレンが花を咲かせたので、一枚撮ってみました。

1

2016/9/18

都会のローカル駅  駅旅

一段落したと思って、昨日は午前中ゆっくり寝ていたら、気がついたら11時。これでは1日何をすることもできず、水槽の水替えと調子の悪いパソコンのメインテナンスでほぼ1日終了。

とりあえず昼食で足利まで出向いたので、帰りに花の写真でもと足利フラワーパークに行ったら、ポケモンゴーやっているやからばかりであきれて帰ってきてしまいました。花を愛でる場所であるはずなのに、スマホの画面しか見てないんだから...呆れてしまいます。

そんなわけで、今回もろくに写真も撮っていないので、過去の写真から...
JR鶴見線の大川駅です。
この駅、休日ともなると列車は1日3本だけ。いわゆる都会のローカル駅です。
この駅が存在しているのも、近くに工場があるから。
横浜の工場地帯の生まれの私にとっては、その意味でも懐かしい田舎の風景と言える場所です。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 大川駅 鶴見線 3本



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ