2017/1/31

雪煙を上げて  駅旅

北海道にいくと、雪煙が上がっている鉄道の姿をよく見かけます。先日、北海道の豊幌駅に行ったときも、ちょうど日が差す中、勢いよく雪煙を上げながら通過していく特急オホーツクの姿を見かけました。

ところで、本州でも雪国を走る鉄道はあるのですが、北海道のように雪煙が上がる印象はありません。おそらくは、雪質の違いなのでしょう。
撮影していて思うことは本州では雪が服にまとわりつかなず、雪は固まってしまう印象。その分道路がつるつるになってしまうこともしばしば。
一方の北海道の雪はサラサラとしているものの、服にはまとわりつく感じです。

それが影響しているからなのか、雪煙の立ち上り方も北海道ではなかなか迫力あります。あまりに迫力がありすぎて、列車が隠れてしまうことも。この写真では、何とか列車の姿が残ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌の近郊にある豊幌駅ですが、無人駅で、乗降客も劇的に多くはない印象です。
0

2017/1/30

雪国だらけ  駅旅

先週、撮影のため訪れた北海道から帰ってきて、その翌日の昨日は読売旅行の写真ツアーで志賀高原に行ってきてました。

28日の北海道の天候は大荒れ模様。名寄から千歳空港まで戻るのに約7時間(通常なら4時間あれば十分に着くはずですが)。途中、特に比布町(“ぴっぷ”と読みます)と滝川市あたりで猛烈な地吹雪に見舞われ、かなりへとへとになってしまいました。特に比布町の地吹雪は半端なく、もちろん高速は通行止め。一般道もあっちこっちと迂回しながらの運転でした。

そんな状態で帰宅して、昨日は昨日で日帰りで志賀高原へ。さすがにこれでは体力がもたず、今朝は“ましまし”で“へとへと”です。
ちなみに志賀高原は快晴も望め、と思いきやいきなり一転して曇り空に...なったり。こちらはこちらで撮影には苦労して、こちらもこちらでへとへとでした。

ですが、雪景色の写真は普段とは違った雰囲気になるので、へとへとになっても止められませんね...。

クリックすると元のサイズで表示します
雪を被った宗谷本線下士別駅。経営が大変なJR北海道では、こうした古い駅舎が昔のまま残っています。(お金をかけて建て直さず、廃止する方向なんでしょうか)

クリックすると元のサイズで表示します
真っ白な大地に抜けるような青空、そしてシラカバが作り出す冬のハーモニー。へとへと状態でもこの景色を見てしまうと自然とシャッターを切ってしまいます。
1

2017/1/27

最北へ  駅旅

日本最北の鉄道である宗谷本線。日本最北の駅はその終点の稚内駅なのですが、その稚内駅を15年振りに訪ねました。

以前の稚内駅は、いかにも最果ての駅といった感じでしたが、今や複合施設として建て替えられ、駅前にはキレイなイルミネーションも。最果ての地にやって来た...といった感じはなく、むしろ、都会な雰囲気です。

その一方で、宗谷本線自体にはまだまだ古い雰囲気の駅がたくさんあり、最北の地に向かう路線らしさが満点。

その一つ、稚内駅の2つ手前の抜海駅は、荒野に佇む感じの駅。古い電柱など、往時が偲ばれる姿のままです。

クリックすると元のサイズで表示します
どこかの雪国の都会かと思ってしまう稚内駅。ガラス張りの複合施設はなかなかご立派なモノでした。

クリックすると元のサイズで表示します
最果て感満点の抜海駅。稚内まではあと少しです。

0

2017/1/27

日進駅  駅旅

JR宗谷本線の日進駅の待合室は、昔のママ。まだまだこんな昭和な風景が残っているのも北海道の特徴でしょうか。

今じゃ考えられないような木造の小さな駅舎が降りしきる雪にとても良く映えます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/1/25

志文駅  駅旅

室蘭本線には木造の古い跨線橋が残る志文駅があります。

単独での経営が成り立たないと、JR北海道がいくつかの路線を発表していますが、この志文駅のあるあたりの室蘭本線もその一つ。本線と名はつくものの、今となっては昔の話し。かつてはこの室蘭本線を経由して道東方面へと列車が走っていたそうです。

ローカル線的な立ち位置となったこの駅だからこそ、この古い木造跨線橋が残ったのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/1/25

泉郷駅  駅旅

城だか蔵だか風の泉郷駅にやって来ました♪以前とは大分様変わりした…みたい!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/23

初××  駅旅

青梅線の軍畑駅近くにある鉄橋にて撮影実習をということで、今日は青梅線まで出かけてきました。
軍畑駅近くの鉄橋は、昔ながらの橋脚の鉄骨がむき出しというもの。山陰本線の旧余部鉄橋南下を彷彿させるような、レトロな感じのものです。
電車は、かろうじて日差しはあったのですが、ギラリとはせず、ピカピカといった程度でした。

ということで、今日はそのついでというか、車で青梅まで出かけて車を駐車した河辺駅の写真も。この河辺駅が今年初の新規探訪駅です!

クリックすると元のサイズで表示します
もう少しギラッとしてほしかったのですが...。

クリックすると元のサイズで表示します
今年初の新規探訪駅となったのは、4230駅目の青梅線河辺駅。デッキがあってそこから駅の背後にある奥多摩の山々が見渡せました。
0

2017/1/22

内ヶ巻駅で雪の写真  駅旅

昨日、今日と、急に発生した仕事に追われてしまっています。本当はもっと早く終わらせる予定が、どうしても根詰める性格のせいで、さっと終わらせることができず、この期に及んで予定の半分も仕事をこなせていない状況です。これで、明日から大丈夫なのか心配になってきます。

とりあえず、ブログは更新。今日の一枚は内ヶ巻駅の写真。上越線の雪による運休などがあったのであきらめて飯山線に回り、そこで撮影した1枚です。飯山線の内ヶ巻駅周辺には、お気に入りのポイントがいくつかあるので、そこで2往復、計4本の列車を撮った後、帰宅の途につきました。

その後、喉の調子が悪くなったわけです。ちなみに、だいぶ良くはなったみたいですが、先の話のように根詰めてしまったため、あまり水分を取っていなかったことにいまさら気がついたわけです。そのせいかまたイガイガしてきているので、まずは少し休憩とって、水分(お酒じゃないですよ...)補給です。

クリックすると元のサイズで表示します
内ヶ巻駅の背後は山になっていて、よく霧が発生してくれます。
1

2017/1/21

E129系の続き  その他の写真

喉の調子はだいぶ戻ってきました。大事には至らずといった感じですが、油断禁物。明日、出かけようと思っていた奥日光のクロカンは止めようかと思っています(残念)。

クロカンといえば雪原で行うのですが、上越線のお立ち台ポイントにもなるこの場所は広い雪原が広がっています。ここで滑ることができたら気持ちいいだろうな〜と思いながら、先日撮ってきたE129系の写真を更新です。

今までは白地に緑ライン、もしくはブルーラインの電車でしたが、銀のステンレスボディ(ラインは黄色とピンク)の電車は雪にとけ込んでしまいますね...。それがいいのかも知れませんが。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: E129系 新潟 上越線

2017/1/19

喉をやられた...  

寝不足で、寒いところに出向いたせいか喉をやられたみたいでイガイガ声状態です。今日は早めにねま〜す!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ