2017/7/6

宝珠山駅  

宝珠山駅の手前に掛かる橋。この下を流れる大肥川。この川が氾濫してしまったようです。何ともやりきれない気持ちです。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/7/6

後半戦  駅旅

ご報告が遅くなってしまいましたが、大人の休日倶楽部・趣味の会の写真講座の写真展示。前半の作品から後半の作品に入れ替えが行われ展示しております。
場所は、神田駅南口脇のコンコースです! ぜひともお立ち寄り下さい...
詳しくはこちらで
クリックすると元のサイズで表示します
私目の写真も入れ替えて、こんな感じで展示されています!!

そして、今日の駅旅写真はJR北陸本線の松任駅です。ここも、北陸新幹線の完成(金沢から先は、まだ、開業したわけではありませんが)によって建て替えられたようです。
どこにでもあるような橋上駅舎。ですが、先日紹介した東金沢駅とは違って、建物の形がしっかり見えています。高架橋の前に構造物があるから。高でもすれば少しは駅らしく見えるんですけどね。

とは言ってもどう撮っても、鉄道らしいかと言われるとそうでもなく、構造物的な感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
最近は、駅前に行っても電車が見えない、そんな駅が増えてしまって残念です。

0

2017/7/4

意外と近くなった城端駅  駅旅

今日の駅旅写真は、城端線の城端駅です。
この城端駅を訪れたのはこれで3回目です。
2回目はサクラと一緒に撮影し、3回目は現状を見るため金沢からの帰りにちょっと立ち寄りました。写真は、その時撮ったカットです。

ところで、1回目はに訪れたのはかなり昔。まだ二十歳になる前のこと。
当時の友人と、青春18きっぷで大垣夜行に乗り岐阜へ。そこから長良川鉄道(既に越美南線から移管された開業間もない頃)で美濃白鳥へ行き、そこからバスで白川郷、そしてさらに北上し城端に抜けてそこから再び青春18きっぷで帰ってきました。出かけたのは春先だったように記憶しています。
それが1回目の城端駅で、当時は写真も撮ってはいませんでした。その城端駅にその後2回も訪れるなどとはその時思いもしませんでしたが、今となっては思い出深い城端駅となっている訳です。

現在、美濃白鳥→白川郷→城端は東海北陸自動車道であっという間ですが、当時はバスで何時間もかけて出かけたことが懐かしく思い出されます。

クリックすると元のサイズで表示します
サクラを追いかけて城端へ。この後、東海北陸道で山を越えて長良川鉄道のサクラを撮りに向かいました。確か昔はバスでトータル5時間くらいだったのでは...。それが今や僅か1時間半。

クリックすると元のサイズで表示します
金沢から家に帰る途中に、現状を見たくて寄り道。水色だった駅舎が白く塗り替えられていました...。
この後、東海北陸自動車道を経由して飛騨高山へ抜け、上高地を経由して松本→上田(湯ノ丸)→高崎と経由して自宅へ帰りました。(これが意外と近いんです)

0

2017/7/3

堤防沿いの小さな駅  駅旅

毎月恒例の「佳境」に突入。今月は、通常の月刊誌に加えてムックを一冊作っていることもあり、仕事量が倍になっていて、結構時間がない感じです。この週末も2日間とも仕事でした...。

さて、駅旅写真は北陸鉄道の浅野川線へ。石川線同様、住宅地の中を走る浅野川線の駅もそのほとんどが住宅地の中にある感じで、あまり特徴もありません。

ただ、石川線との大きな違いはその路線名にもあるように浅野川という川に沿って走っていると言うこと。そのため、所々で、その浅野川の堤防沿いを走っているわけです。その堤防らしさが一番感じられるのが今回紹介する大河端駅です。「おこばた」と読みます。

川に近いというのが、駅名からも分かる駅。一瞬だけですが、僅かに望んだ青空と駅と電車を照らす日差しが、川沿いの小さな駅を輝かせてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
6月だというのに、堤防では早くもススキが穂を揺らしていました。


さて、旅行読売8月号が発売になりました。
今回駅舎のある風景で富山地方鉄道上滝線の上堀駅を紹介。小さな木造駅舎ですが、立派な軒が目を引きます。ぜひ、ご購読下さい!
0

2017/7/1

時の流れ  駅旅

北陸鉄道の駅は、こじんまりして住宅地の中にひっそりとある感じの駅が多い中、唯一開けた所にあるのがこの小柳駅です。
周辺は田んぼで、遠目に山並みが見えるという環境です。
この日は、あいにくの曇天なので、メリハリのきいた感じでの撮影はできませんでしたが、これはこれなりかと思っています。

北陸鉄道の車両は、東急からやって来た7000系をベースにした車両と写真にも写る京王からやって来た3000系をベースにした車両。京王井の頭線を走っていた車両は、頭の部分が色々な色に塗られていましたが、この北陸鉄道にやって来てコーポレートカラーのオレンジヘッドになり運行されています。
都会の電車が田舎を走る光景に最初は違和感を感じたものでしたが、今となっては地方の風景に彩りを添える欠かせない存在に思えています。

クリックすると元のサイズで表示します
ホーム上に待合室だけの小さな小柳駅。田んぼの中にポッカリと浮かびあがっています。

昨日は、大人の休日倶楽部の写真講座の実習で神奈川県鎌倉市にある大船フラワーセンターへ。その昔、遠足で訪れたこの地も今年で開業55年なんだとか。私自身も年を重ねていますが、こうした施設も歴史を重ねてきているのですね...。
夜、前の会社の上司の還暦のお祝い会などもあって、時の流れを感じずにはいられませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
いつの時代も、訪れる人を美しい花たちが癒してくれます。(大船フラワーセンターにて)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ