2017/8/8

いっぱいある  駅旅

泊という地名はそこかしこにあるらしく調べてみると
自治体のレベルだと、泊村(北海道)ほかに、鳥取県泊村、富山県泊町(今は合併していますが)
その下の町名、字名レベルだと、青森県六ヶ所村だの沖縄那覇市だの神奈川県横須賀市だのにもあるらしく、
泊駅レベルで言うと(あいの風とやま鉄道、四日市あすなろう鉄道内部線、山陰本線)
と色々なところにあるようです。
そんな人気の地名である「泊」ですが、その語源は船が停泊するところの意味だそうです。
実際に沖縄県那覇市の泊はフェリーターミナルになっている...

問題は、ネットで「泊」と検索すると何が勝つかです。実際にやってみると、北海道の泊村がかなり優勢です。恐らく原発関連での検索が多いからなのでしょうが、そんなんで優劣が付いてしまうのがネット検索の恐いところ。

やはり、ネットは使いようで、実際には自分で積極的に調べてみないと分からないことはいっぱいありそうですね。
原稿を書いていると、情報が少ないところの情報を引き出すのがいかに大変か、身にしみて分かります。(現在10月中旬くらい発売に向けて本を執筆中です! 詳細は決まりましたら改めてお知らせします)

ということで、今日は泊駅コレクション。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは鳥取県にある山陰本線の泊駅。先日行ってきました!

クリックすると元のサイズで表示します
こっちは、三重県にある四日市あなろう鉄道内部線の泊駅。こちらは数年前に行ってきました。

あとは、富山県の泊駅があれば、泊駅はコンプリートだったのですが...行っていないので、負け惜しみで隣の越中宮崎駅です。(隣の駅は行っているのに...)
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 泊村 泊駅



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ