2018/1/31

広大な北海道の大地  駅旅

北海道に行くと、広大な土地が広がり、人口が少ないところというのがたくさん存在します。
函館本線は、函館・札幌・旭川と北海道を代表する都市を通っているのですが、その都市圏を過ぎてしまうと、やはり北海道らしいというか、あまり人気のない広大な土地が広がっているところを走っています。
札幌都市圏で言うと、岩見沢駅までは都会だとすると、そこを過ぎると一気に北海道らしい雰囲気になります。

茶志内駅。かつて、貨物輸送も行われていたようですが、今はなくなっています。
ちなみに、調べたところでは室蘭本線の本輪西駅との間で石油輸送をしていたとか。いまでは、すっかり車にその座を譲った感じでしょうか。道央自動車道もありますしね...。
駅は、平屋建ての駅舎で、北海道ではこのタイプの駅舎は函館本線にいくつか存在します。

今回北海道を訪れた際は、雪が少なかったのですが、この茶志内駅ではちょうど雪も降っていてしかも寒い感じでした。

そう考えると、密集した市街地のある函館市(ある意味本州のよう)、最高の雪質を誇る羊蹄山の麓のニセコ町、西洋な町並みが広がる小樽市、碁盤目状の大都会の札幌市、豪雪地帯でもある留萌方面への分岐点の深川市、日本でもっとも寒い部類に入る都市の旭川市などなど、函館本線の沿線は、北海道の中では比較的地理的に変化に富んだ路線といえるのではないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
茶志内駅は、広大な農地が広がる石狩平野の一角にあります。
1

2018/1/30

戯れ  駅旅

天竜浜名湖鉄道の浜名湖佐久米駅。この駅はえづけをしていることから、冬になるとユリカモメたちが駅で戯れます。
その戯れているユリカモメと戯れようと、豊橋の帰り道に立ち寄ってきました。
しかし、今日の天候は晴れたり曇ったり。しかも、えづけされたユリカモメの目線は、えづけをするひとの方に行ってしまい、なかなかうまく撮れません。

といいながら、結局午前1時間ほど、午後も1時間ほど、この駅のホームに向かってレンズを向けていたことになります。

クリックすると元のサイズで表示します
というこいとで、13時台の下り便に戯れるユリカモメたちを何とか捉えられました。


0

2018/1/29

豊橋といえば  その他の写真

豊橋の市街地を走る路面電車。
その路面電車を走るグルメトレインといえば、この「おでんしゃ」です。ド派手な装飾。ユニークなネーミング。
今回は、その姿を街中で捉えたい!というのも目的でした。
ということで「おでんしゃ」の写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
「おでんしゃ」流し撮りです! カーブでゆっくりだったのでもう少しシャッター遅くすれば良かったです...
0

2018/1/27

新居町駅  駅旅

最近では、橋上タイプの駅舎へと建て替えられる駅が多い中、今でも昔ながらのたたずまいが残るのが、浜名湖の湖畔にある東海道本線の弁天島駅と新居町駅です。

弁天島駅は、浜名湖の河口にある弁天島にある駅。おそらく日本広しといえども独立した島にある駅は、都市部の埋め立て地の島を除くと、かなり少ない部類なのではないでしょうか。

新居町駅の近くにはお城のような建物の浜名湖競艇があります。

これまでローカル線の駅を中心に回ってきたことがあるので、いわゆる本線と呼ばれる路線の駅はまだまだ多くを残しています。
ということで、今回は、浜松駅か先の東海道本線の駅を巡りました。

クリックすると元のサイズで表示します
弁天島駅を最初に訪れたのは実は私が小学生の時。当時としては、かなり遠くまで来たものだと、思っていましたが...。記憶のかぎり、その当時のままのようです。2回目は浜名湖の花火大会の撮影のため。今回3回目の探訪です。

クリックすると元のサイズで表示します
新居町駅は近くに東海道の新居関所もあります。駅の造りも古い感じで、懐かしさを覚えます。
0

2018/1/27

夜な夜な駅訪問  駅旅

恒例の夜な夜な駅訪問。
今日の夜な夜な駅訪問は、豊橋駅です。

豊橋は、人口が約35万人。東海道地域の工業地として発展してきて、周辺もお店も多く、中心部はかなり栄えている感じです。

この時期、東口の駅前がイルミネーションで彩られています。
今宵は、そのイルミネーションと豊橋市電を流し撮り。そして、ホテルの窓からの夜景です。

クリックすると元のサイズで表示します
夜景をバックに流し撮り。

クリックすると元のサイズで表示します
部屋の窓からはお月様と夜景が見えました。
0
タグ: 豊橋駅 夜な夜な 

2018/1/25

雪の影響  駅旅

22日夜から23日未明の雪は凄かったですね!
私の方は幸い直接の影響はありませんでしたが、間接的に影響が出てしまいました。

22日夜は、大混乱だった東京の駅でしたが、そこはほとんど影響なく普段通りに家に帰れました!
そして、23日は早朝から雪化粧した岩舟駅へ。想定通り、駅の背後には雪を纏った岩舟山が浮かびあがり、絶好な条件。と、ここまでは良かったのですが……。

その後。
早朝起きたこともあって、この日東京からの帰りに終電で宇都宮駅まで寝過ごし。
ということで、朝帰りになってしまい、家に帰って1時間ほど寝てから打ち合わせのため再び東京へ。
寝不足のダブルパンチなのに昨晩も帰宅は午前様。昨晩は家に帰ってからそのまま居間で寝てしまい...。朝方布団に入って寝たら、今度は起きたのが午前10時。

ということで、ようやくブログなんぞを更新している状況です。
さて、仕事しなきゃ……。

クリックすると元のサイズで表示します
岩舟山を背にした岩舟駅。道東よりむしろ多かった今回の雪で、キレイな景色が見られました!
0

2018/1/22

鹿討駅にも行ってみましたが  駅旅

「春夏秋冬の絶景駅100選」にも選び掲載した富良野線の鹿討駅へ今年も行ってきました!
しかし、前にも書いたようにこの地方としてはあまり寒くなく、あまり煙も出ず、大雪山も急に現れた雲に隠れてしまいました。
そもそも日曜日で、始発列車が休日運休ということもあり、時間的にも今ひとつでした。
雪も少なめ・・・
むしろ、今の栃木の雪の方が凄いくらいです。

もっともっと美しい鹿討の絶景は、本の方でぜひ見て下さい!
「生涯一度は行きたい 春夏秋冬の絶景駅100選」
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
今回の鹿討駅は空振りでした...。

0

2018/1/21

時計台のある学校のそばの  駅旅

富良野線にある美馬牛駅! 何となく好きなんです。
で、今回北海道行ったときも寄ってみたのですが、とは言っても寒さが今ひとつなんで雰囲気でないかと思ったのですが、ホームで構えてみると出発する際に煙が少しだけ白くなってくれました...。

道東方面ではあまり積もっていない雪も、さすがに空知地方では少しは積もっていました。ですが、これでも例年と比べるとかなり少ない感じ。もちろん、気温も氷点下15℃と高め。

【お知らせ】
「Smart Access」おでかけマガジン Vol.96 配信されました!
今月は、「スポットライト撮影術」
光を意識することで、景色はいちだんと輝いて見えます!
被写体がスポットライトを浴びた歌手や舞台俳優のように……。
ということで、クリックお願いいたします!
また、メルマガ登録いただけると嬉しいです!
http://www.clarion.com/ctXYCU
http://www.smart-acs.com/


クリックすると元のサイズで表示します
そもそも、この日は日曜日。富良野始発の列車が休日運休ということもあり、少しでも始発時間の早い美馬牛駅にやって来たわけです!
0

2018/1/20

LED  駅旅

函館本線の光珠内駅。
駅は木造の古い雰囲気がそのまま残る駅。駅舎入り口の庇の脇には、昔ながらの白熱電球のライトがあるのかと思いきや、傘こそ昔のままですが、電球自体はLED。
色温度も高く、あの温かみのある白熱電球と比べると何とも興ざめな印象。
確かにLED電球にも白熱球の色合いのものもありますが、なんだか色味が違うきがしてなりません。

せっかっくの昔のままの駅舎なのだから、電球も昔の白熱電球だったらよかったのにと思ってしまった光珠内駅でした。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口右脇の電球がLEDで、煌々と白い光を放っていました。(眩しい割に暗いうえ、色味に味がない・・・)
0

2018/1/18

夜な夜な  駅旅

茶志内駅は函館本線にある小さな駅。
私自身、駅を巡るという使命を課せなければ、決して訪れなかったであろうこの駅。

駅的には、函館本線によくあるパターンで何ら変哲もありませんが、夜にもなればそれなりに絵にもなるのかと撮影してみました。

クリックすると元のサイズで表示します
茶志内駅。自分に課題でも課してなければ、絶対に訪れることはなかったでしょう。

0
タグ: 茶志内 函館 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ