2018/4/15

懐かしの・・・  駅旅

磐越西線の咲花駅の桜が撮りたくて何回か通いましたが、最近はフェンスの設定などもあり、思うようには撮れないことが判明しました。
話題になると、こういった現象が起こる昨今。ネットの怖さを感じずにはいられません。
クリックすると元のサイズで表示します
駅はあきらめて、走行写真に。今日も私のほかに2名ほどの撮影者が。いい雰囲気で写真も撮れそうなので、そういった場はさっさと退散です。

で、その帰り道。私にとっては、思い出深い場所へ立ち寄り。会津鉄道の会津荒海駅です。

何を隠そう、私の妻と最初に会ったのがこの駅であり、都立大生にとっては懐かしの田島寮があったのがこの近くです。

私自身は3回利用。1回目がよく分からず何かの合宿。2回目はサイクリングの授業の宿泊地として、3回目は測量実習の授業のため。その3回目にあったのが今のかみさんです。
でも、そこに出向いたのは、特急リバティーを撮るためですので・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
今から約30年前。この会津荒海駅を何度か訪ね、会津の素朴さに惹かれるきっかけとなったのは間違いありません。
0

2018/4/13

満開となりて  駅旅

ねこ駅長が活躍する会津鉄道芦ノ牧温泉駅のサクラが満開となり、ライトアップされています。

この芦ノ牧温泉駅に最初に訪れた大学生当時(しかもそのときは大学の寮のあった田島から自転車での訪問でした)、そかなり寂れた感のあったことをよく覚えています。2度目に訪れた2003年ころもそんなに変わっていなかったように思います。

その後です。初代駅長の「バス」(他界)、そして、現在の二代目駅長の「ラブ」、そして施設長として「ピーチ」と、ネコに出会おうとたくさんのお客さんが訪れるようになっています。

少しだけキレイに整えられ、最初に訪れた当初のレトロ感はないですが、今でも古い木造駅舎が残り、その前で大きなサクラが今年も美しい花を咲かせました。

クリックすると元のサイズで表示します
この駅前のサクラに加え、ホーム脇のサクラもけっこう見事です。(こちらは満開まであと少し)
0

2018/4/12

高速シャッターの凄さ  駅旅

雑誌の締め切りは過ぎたはずなのに、まだまだバタバタしている状況です。

今日はというと、とある雑誌社の方と面談をしてきました。夏から秋に向けての連載のお話し。決まるといいのですが。
で、その方からおみやげで頂いたお菓子の表面が凄いんです。
なんと、高速シャッターで撮影すると蛍光灯の縞模様がはっきり写ってしまう!!!
試しにスローシャッターにすると写らない。
そんなに凄い反射があるなんて、まったく気がつきませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
縞々(1/640秒)
クリックすると元のサイズで表示します
解消(1/40秒)


で、何でその話をしたかというと、最近の列車の行き先表示板。
ちなみに、会社にもよるのですが、あまり速いシャッターを切ると、行き先表示が中途半端になってしまうんです。この時は1/200秒だったこともアリOK。
私自身はあまり気にしていませんが、気にする方は要注意です!!

クリックすると元のサイズで表示します
バッチリ桐生生きが写りました! 上神梅駅にて

0

2018/4/9

混雑は避けられない  駅旅

一気に桜が咲いてしまった関東地方。残っているであろう桜を求めて、わたらせ渓谷鐵道の沢入駅へ。既に、神戸駅なども桜が散ってしまい、間に合わないかと思っていましたが、何とか満開(やや終わり)の桜と出会うことができました。

以前は、ほとんどお客さんもいなかったこの駅も、今ではたくさんのお客さんが。は、いいのですが、みんなやって来るのは車。特に写真を撮る人ほど車。

ま、私自身も車でやって来ることもあるので何とも言えませんが、「少しは列車に乗りなさいよ」と言いたいところ。(私自身は、年に1度くらいですが乗ってますぜ!! 前回は昨年の秋に・・・)

昨日は、列車でやって来たので、帰りに大間々駅で下車し、その近所に住む知り合いと赤城駅で一杯(いっぱい!)。列車で行くと、そんなところも楽しくなるので・・・。

ということで、昨日の赤城駅の写真と相成りました。

クリックすると元のサイズで表示します
自分らは、右の列車に乗ってやって来たのですが、跨線橋の上の方々はほとんどがく・る・ま!
0

2018/4/8

(無題)  携帯より

なぜか赤城駅から終電車…

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/4/8

(無題)  携帯より

これ、まずくない!?警察マーク付き(* ̄∇ ̄*)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/4/7

駅名表示板  駅旅

駅に行くと大抵どこにでもある駅名表示板ですが、最近では、吊り下げられているものやホーム外に掲げられたものが多く、その存在は減ってきているのではと思うことがあります。
中でも、直接ホームに建てられた建植用というものは少なくなっているのではないでしょうか。そして、この写真のような金属で作ったものとなると最近ではあまり見かけられなくなってきました。最近ではプラスティックの吊り下げが多いんでしょうか。

ちなみに、こういった駅名表示板は、国鉄時代には鉄道掲示基準規程というものでその種類と形というのが定められていたのだとか。先ほどの建植用というのは第4種に当たるそうです。

前置きが長くなりましたが、天竜浜名湖鉄道の都田駅にはそんな駅名表示板が残っています。
元々国鉄だった鉄道線の名残と言ってよいのでしょう。ですが、最近の天竜浜名湖鉄道は、駅への装飾が激しく、本来の雰囲気を崩してしまっているきらいもあるのではと思うわけです。

確かに、乗客誘致のためではあるのですが、本来のレトロな雰囲気を全面に出した方がもっとよいのではと思う次第です。それこそ、36件もの登録有形文化財を有する天竜浜名湖鉄道の真の価値なのではと思うのです。

クリックすると元のサイズで表示します
第4種の名残の駅名表示板。今風の建物は桜で隠してみました。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに第3種と呼ばれる柱用もこの駅にはあります。しかも背後にはレトロな改札口まで。

クリックすると元のサイズで表示します
最近の流行ではありますが、レトロな建物を利用したお洒落なカフェのある都田駅。ただ、ちょっと、本来の意味からはずれているような気がしないでも。(レトロな雰囲気を絵として売っていった方がいいのでは)
0

2018/4/6

過ぎゆく春を惜しんで  その他の写真

今年は、一気に桜前線が北上。ようやくこの週末は足踏み状態のようですが、既に福島県や新潟県でもサクラが満開。群馬県の沼田や長野県の小諸といった通常では4月中旬、岩手とか秋田とかと同じ頃にサクラが咲く場所でも既に満開なんだとか。

この長良川鉄道周辺も、通常ならば4月中旬に入るくらいに満開になるそうですが、ことしは4月1日時点で満開でした。

なんとか撮れてよかったです!

クリックすると元のサイズで表示します
湯の洞温泉駅近くの桜の木の下を去りゆく行く列車
0

2018/4/5

負けるもんか  駅旅

沿線で、サクラが咲き誇る垂水鉄道。谷汲口駅や最近ではその手前の木知原(こちぼら)駅に人が集中する中、この高科駅だって負けていないのです。
規模こそ劣るものの、小さな駅舎がさくらの木の下に鎮座。たった二本のさくらですがそれでも立派な雰囲気を醸し出しています!
今回の旅は、以前は葉桜になってしまっていたここのサクラを撮ることも目的だったので、撮影できてホット一息です!

クリックすると元のサイズで表示します
さくらの木の下の小さな駅舎は「かわいい」の一言です。
1

2018/4/3

残念な向ヶ丘駅  駅旅

駅の脇の公園でサクラが咲き、ホームの前でレンギョウが彩りをする豊橋鉄道渥美線の向ヶ丘駅。
ここを見つけたときは、喜んでしまいましたよ。何せ、レンギョウとの絡みで駅の写真が撮れたのは、日本一勾配のある駅という(よくわかんないキャッチフレーズの)明智鉄道の飯沼駅のほか2〜3駅くらい。
しか〜し。これまでのレンギョウが咲く駅が残念だったように、この向ヶ丘駅も残念なことがあったのです。

その1:実は、駅の背後に「豊橋商工会」の看板があり、隠そうとすると角度がいい感じにならない。
その2:列車がやってくるたびに、オッちゃんがスマホで写真を撮ろうとしてしまう。(1人じゃない、数人はいました)
その3:やって来た列車が春なのに「菊」号である。(ほかの号もありましたが)

これら3つの悪条件が重なり、時間をかけるのは無駄と思い、この駅はこれでお終いにしたのであります。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょこっとスマホで撮っただけではいい写真撮れないから...しかも「菊」だよ…「秋」だよ…
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ