2018/4/27

あいつがやってきた  駅旅

自分が撮る写真の雰囲気や乗り鉄で旅をするときもそうですが、あまり共感が持てないラッピング。
前回紹介の仙崎支線の分岐駅である長門市駅。この駅のホームは昔懐かしい雰囲気を今に残しています。

撮影をしていると列車が入ってくると言うので構えて待っていたら、やってきたのはそうあいつ。「三年寝太郎」。
このラッピングによって、本当に利用促進に繋がっているのかはどうなんでしょう? なんだか個人的には雰囲気丸崩れ。
三年とはいわず、もっと寝ていてくれればいいのに...

ということで、頭が入ったとたんにシャッターを切るのをやめてしまいました...。

クリックすると元のサイズで表示します
こうして、私自身が写真を公開しているので、多少は利用促進に貢献しているんでしょうが……。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ