2019/4/30

ある意味秘境駅中の秘境駅  駅旅

普段の自分であれば、絶対に動かないであろう、GW中のお出かけ。しかも、超人気スポットへのお出かけ。
ですが、どうしても今年中には撮りたかった事情とGWを避けての撮影が非常に困難なことから、かなりの強行軍で津軽鉄道の芦野公園駅の桜のトンネルを撮りに出かけてきました。

とわいえ、せめて混雑(渋滞)は避けなければいけません。
28日の取材撮影後に、少しだけ仮眠をして午前3時過ぎに出発。途中、休み休みでしたが、何とか14時前には現地に到着。この午後と次の日の始発の撮影をして、その後秋田内陸縦貫鉄道方面を経由して、山形の村山で車中泊。福島近くで残していた笹木野駅、南福島駅を回りつつ、今日の正午過ぎに自宅に戻った感じです。

当日は、とりあえず15時台の列車には間に合ったので、かなり離れた駐車場に車を置き、何とかこの駅にたどり着くことができました。

たどり着くのが困難な“秘境駅”ということ言葉がはやっていますが、私にしてみればある意味こちらの方が秘境駅。
何でしょう、スゴイ混雑、人!人!人! 車!車!車!

ローカル駅とは思えない異様な雰囲気。例え車があっても?渋滞やら混雑でたどり着くのが困難。
列車は?と言うと、海外からの客も含め、乗れないほどの大混雑。
まさに、GW(桜開花)期間中の芦野公園駅は、私にとってはまさに秘境駅中の秘境駅なのでありました。

とにもかくにも、撮影完了。そして、雰囲気も悪くはありませんでした。
それには、津軽鉄道の方々の頭が下がる努力があってかと……(ご苦労様です...)
そして、ほかの場所と比べ、皆さんが好意的に譲り合っていたいたこと。

とりあえず、長年の課題であった「桜の芦野公園駅」コンプリートです。
そして、津軽鉄道で未撮影だったほかの駅も含め津軽鉄道線“全駅撮影&全区間乗車”コンプリートしました!!!
↑私が乗ったのは冬のストーブ列車ですが、冬にもぜひ!! そして、閑散期にも…訪ねてみて下さい!

クリックすると元のサイズで表示します
ある意味、幻に近い存在だった芦野公園駅の桜のトンネルです。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ