2019/5/12

予行練習  その他の写真

縁あって、オリンパスのオリンパスOM-D E-M1 Xを使わせていただいています。
とはいえ、かなりの多機能機種だけに、ちょっとやそっとで使いこなせるマシンではないので、昨日は、新機能のインテリジェント被写体AFの練習をすべく、カメラを持って東武日光線へ。

とりあえず、M.ズイコーデジタル ED 40〜150ミリF2.8 PROをF2.8でセット。インテリジェント被写体AFにしておいて、かなりいい加減に東武特急リバティーを横振りで追いかけてみました。(ちなみにAFは自動選択・ターゲット追尾にしています)

いくらマイクロフォーサーズとはいえ、F2.8でここまでラフで振ったのではピントは×かと思いきや、以外にもほぼOK。
実際にインテリジェント被写体AF(列車の顔にピントが合うという)の認識は、かなり列車が近づいてからでしたが、以下の3枚の写真にあるように、十分と呼べる範囲。バックショットも含め、これだけの連写が手軽にF2.8ながらバリピンで撮れるのだから、次世代デジ一のポテンシャルの高さが、垣間見られました。

クリックすると元のサイズで表示します
この辺は普通のAFでピントが合いました。

クリックすると元のサイズで表示します
この位置くらいからインテリジェント被写体AFが作動。
クリックすると元のサイズで表示します
バックショットまで追っても問題のない実力に驚きました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ