2019/11/11

鶴見線  駅旅

ようやく長いトンネルを抜けました。今月は、雑誌の担当ページが多かったことに加え、記事内容的にも細かかったので、思いのほか時間がかかってしまいました。
その間、1日とは言え桐生に出かけたりもしていたので、しょうがないと言えばしょうがないのですが……。

その桐生へ行くときに使った両毛線ですが、ようやく運転再開されるようで一安心。これで、子供も時間を掛けずに大学へ通えるようになるし、よかったよかったなのですが、やはり被災地の被害状況はひどく、まだまだ復旧半ばといった感じです。

ところで、あまりの忙しさにほとんど撮影に出かけられなかったので、今日もこの間の鶴見線の写真から。鶴見線は歴史が古いためか、とても複雑な構造の架線柱が並びます。
その存在感は、列車よりも1枚上手。特にトワイライトブルーに映えるその姿は、不思議な雰囲気を醸し出していました。

クリックすると元のサイズで表示します
この架線柱は、鶴見臨港鉄道当時の名残なんだとか。写真は浅野駅。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ