2020/11/12

鉄印帳の旅〜北条鉄道編  駅旅

鉄印帳の旅、自身15社目で訪ねたのは、兵庫県の北条鉄道です。先月取材もかねて訪ねました。

北条鉄道は、JR加古川線、神戸電鉄粟生線と接続する粟生駅と加西市の北条町駅を結ぶ13.6キロの小さなローカル線です。

大きなイチョウの木で有名な網引駅や大正時代から残る駅舎がある法華口駅、長駅、播磨下里駅、そして私が好きな桜(ヤエザクラ)が咲く播磨横手駅などなど魅力溢れる路線です。

そんな北条鉄道の鉄印帳をもらいに出かけてきました!

クリックすると元のサイズで表示します
スタンプタイプの鉄印。モチーフは旧北条町駅の駅名表示板だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
古い駅舎や駅名表示板が残る長駅。レトロな雰囲気がたまりません。

クリックすると元のサイズで表示します
このあたりは酒米の王様「山田錦」の産地。その田んぼかどうかは?ですが、黄金色の田んぼの中を行くフラワ2000形気動車です。


記事が掲載されている旅行読売12月号はこちらです!
https://www.ryokoyomiuri.co.jp/magazine/post-202012.html

https://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/feature/CO047234/20201010-OYTAT50006/
ぜひこちらの記事もチェックして下さい!

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ